パワプロの応援曲を作ったりライトボウガンで狩りに行ったりの劇ゆる変則ゲーマーまったりマイペースブログ。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
開始から5年目のシーズンで優勝できたので、
上がったテンションそのままに、横浜の連覇を目指してみました。

※試合は捜査しない。(「スキップ」のみ。)
※1軍2軍の入れ替え、練習の指示、オーダーの組み換えなどだけで勝負。
※外国人枠やトレードなどは全て「あり」。(初期設定のまま。)
※サクセスで作った外野手(CBCCCC)を1名、投手(150km/h、BB、全方向に変化球1)を1名補強。


と、条件は同じまま、6年目のシーズンを進めてみましたが、無事にリーグ優勝し、そのまま日本一になりました。


ブログ的には全くおいしくない展開ですね。(笑)


6年目のシーズンになると実在の選手である内川(敬称略)など、何人かの選手の能力が下がり始めました

特に開幕からしばらくは不振を極めた選手が8人中6人もいたので、開幕ダッシュに見事に失敗。

それでも7月、前半戦終了の時点で首位に追いつきゲーム差無しの1位になり、
8月終わりごろに2位と3位が共に失速してゲーム差が開き、5ゲーム差がついた9月2日にM18が点灯。

途中2ゲーム差まで詰め寄られましたが、9月23日、本拠地で優勝を決めることができました。

終わってみればゲーム差は9.0で圧勝の感じ。

8月中旬まで本当に混戦だったんですけどね。

CSは全勝で日本シリーズに進出し、
日本シリーズは4勝1敗でこれまた本拠地で日本一を決めました。

溝らじの小野涼子さんが大喜b(以下略)

連覇の目標、なんだかアッサリ達成したような。

チーム本塁打214本、ついで多かったのが巨人の186本、
チーム打点708点で、ついで多かったのはこれも巨人で590点、

投手陣は可もなく不可もなくという感じで、やはり打のチームということになりますね。

このままペナントを続けるかどうかは考え中です。

マイライフやサクセスもしたいですしね。


なお、6年目のシーズンのスタメン(1~8番)の最終的な成績はこうでした。

1 .269 30本 80点
2 .282 25本 70点
3 .301 18本 58点
4 .259 36本 107点
5 .324 27本 100点
6 .274 37本 101点
7 .258 31本 86点
8 .288  6本 49点

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://togonakoko.blog19.fc2.com/tb.php/918-e6c22dd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。