パワプロの応援曲を作ったりライトボウガンで狩りに行ったりの劇ゆる変則ゲーマーまったりマイペースブログ。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パワポタ2と比較して気付いたところなどを書いてみます、その4。

★段位認定
ノンストップシリーズサバイバルシリーズの2つがあります。
ノンストップシリーズがパワポタ2にもあったモードで、サバイバルシリーズはありませんでした。

ノンストップシリーズはシナリオ(課題)を選択してクリアすると段位が上がる、パワポタ2と同じ仕組み。


さてこの2つをプレイしてみての感想ですが、ノンストップシリーズは、シナリオ(課題)選択画面で操作性がパワポタ2より良くなっています

気に入ったシナリオがないとき、パワポタ2ではキャンセルして一旦画面を閉じ、再びシナリオ選択画面に行かないとシナリオがチェンジされませんでした。
2010版では選択画面はそのままで、□ボタンを押すだけでパッパッパッとシナリオがチェンジされます。
これはすごくいいですね。チェンジのときロードも一切無いですし。

また段位認定証ですが、初段~9段の認定証10段以降の認定証では、認定証の色が違います。
まだ32段までしか行ってないので断言はできませんが、認定証の色が変わるタイミング(段位)は、おそらくパワポタ2と同じ

DL配信の問題等でいきなり1000段以上クリアしてしまうと、初期バージョンの認定証が見れなくなるので、最初は地味にコツコツ段位をあげたほうがいいと思います。

パワポタ2では、段位が上がると背景がひたすら上がるだけでしたが、
2010版では背景が上がってもまた地上に戻ってくる仕様になっています。

高段位の問題が出来なくてもコツコツクリアしていけばレア背景映像を見ることができたパワポタ2に対し、どうやら2010版は高段位をクリアしないとレア背景は見れなさそうです。
しかも見れても一瞬なので、本当にレアですねw


なかなか楽しいモードだと思います。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://togonakoko.blog19.fc2.com/tb.php/875-04c34733
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。