パワプロの応援曲を作ったりライトボウガンで狩りに行ったりの劇ゆる変則ゲーマーまったりマイペースブログ。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
買うかどうか迷っていましたが、PSP版パワプロ2010を購入しました。

パワポタ3も4もスルーしてきましたがついに購入。


テンション上がってます。(笑)


(以下、パワポタと比較しての感想。長いので注意。
また私は、パワポタ2でしかパワプロシリーズをプレイしたことが無く、今作が2つ目です。そのため評価が甘いかもしれない点ついてもご注意下さい。)


今回からメディアインストールに対応しているので早速インストール。
インストールにかかった時間は4分ほどでした。

ペナントやマイライフなどはまだやっていませんが、とりあえず対戦でCOMと1試合戦ってみました。
オプション設定でミートカーソルを「ふつう」にした以外はそのままでのプレイしてみての感想です。

まず、試合中にロードはありませんでした。(PSP-1000使用)
ロードの無さっぷりは、感覚的にはパワポタ2をプレイしているのと同じ感覚。

しかしパワポタ2と違い、インストールのおかげか、実況が遅れません
スムーズで、またパワポタ2と比べるとよく喋ります

が、ストライクのコールはともかく、ボールのコールまで妙に力が入っているのが少し気になりましたねw

同点で満塁カウント2-2で、投げた球がコースギリギリのボールだったときにかけるようなテンションを、何でもない場面で言われても、とちょっと思いました。


投げるときに表示されるストライクゾーンの枠ですが、パワポタ2と比べて消えるタイミングが速いです。
コントロールAでも余裕でコースギリギリに投げられるわけではないので、ゲーム性は上がっていますね。

バッティングや守備についてはパワポタ2と感覚的に変わりはありませんでした。

試合後のハイライトは、パワポタ2はどれだけ見せ場があっても無くても3シーンの固定でしたが、パワプロ2010はハイライトの数だけシーンを振り返ります
上限はあるかもしれませんが。

そして試合中、ある条件になると全員が『絶好調』になるようです。
まだどのタイミングでそうなるのか分かりませんが、2回ありました。

あとは審判がいることにも地味に感動しましたが、最初は塁審を選手と間違えるなどしてしまいました。(笑)
帽子が黒のチームを操作するときはちょっと注意が必要かもです。

他にも細かいところで気付く点がありました。
やっぱりパワポタ2と比べると当然なのでしょうがパワーアップしてますね。

1つ試合を終えての感想はこんな感じ。


なお、試合結果は12回延長、3対3のドロー。
いきなり緊迫した試合展開になりました。

またいわゆるパワプロ査定ですが、健在です。
とあるチームの選手の能力が妙に高いです。

これはBじゃなくてDぐらいじゃない?というのがありました。

その他の感想はまたプレイを重ねてから書こうと思います。


応援曲ですが、パワポタ2では最大12小節だったのが、16小節になっていて、これは嬉しかったです。
作り甲斐がありますが、そのうち応援曲パスを公開していこうとと思っているので、小節をフルに使ったときにパスワード表示がちゃんとできるのかが気になるところ。

つなゲッターで得られるポタカは、パワポタ2とは違い、現役選手のカードがゲットできるように。
これも嬉しいですね。
パワポタ2ではなかなか揃いませんでしたからね。


公式サイトで各種DLが今日から開始されているので興味のある人は覗いてみてはどうでしょうか。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://togonakoko.blog19.fc2.com/tb.php/858-2cdc489d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。