パワプロの応援曲を作ったりライトボウガンで狩りに行ったりの劇ゆる変則ゲーマーまったりマイペースブログ。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あっさりしてるなーと思いました。

第13話、『Graduation』の感想です。


(以下、13話感想、ネタバレに注意)


残ったのはゆりっぺ、音無、奏、日向、直井だけとなりましたが、それにしても他の皆はあっさりこの“世界”から消えてしまったんだな~と思いました。

話数の関係なのでしょうが、ちょっとあっさりし過ぎのような。
個人的には椎名さんをもう一度見たかった。(笑)

話数の割りに人数が多すぎたんでしょうね、やっぱり。

TKや野田、大山君などはまだネタ要因としてそれなりに活躍していましたが、藤巻はそれすらありませんでした。
彼がいた意味はほとんどなかったような気がします。

そして最後、奏の秘密が明らかにされましたね。

音無の心臓は、奏に移植されていたということですが、これを予測していたサイトを私は見ていたので、「あ、当たってた」という驚きがありました。

天使と音無には何かしら因縁があるとは思っていましたけれどもね。

心臓移植によって青春を与えられた奏が“この世界”に迷い込んだただ一つの理由は、その臓器提供者に「ありがとう」の言葉を伝えられなかったこと。
それだけが心残りでした。

ありがとう。
それを言うと消えてしまう。
思いが伝わった瞬間、終わってしまう世界。

これは切なかったですね。

ただ欲を言えば、臓器提供によって少しかもしれませんが生きながらえた奏の生前の描写が欲しかったですね。
これも話数の関係でしょうが、全くなかったのは残念でした。

あと気になったのは時間軸

奏がこの世界に来たのは音無より前、それもかなり前っぽい。
臓器提供をした音無のほうが、奏より先に死んでいるのは明らか。
けどこの世界に来たのは音無が後。

このへんについての説明は一切なかったので、ちょっと違和感がありますね。
音無の魂が長期間さまよっていたと考えればつじつまは一応合いますが。


ん~、やっぱり話数が少ないですね。
私以外の視聴者はどう感じたのでしょうか。

評価がかなり分かれそうですが、消化不足感は否めないですね。

最後の最後で、音無と奏らしき人物が描かれていましたが、あれは、どの世界での出来事なのでしょうか。

次のステップとして存在する死後の世界なのか、生まれ変わった(輪廻転生)世界なのか。

好意的に言えば余韻を残して、逆に言えば細かい謎は放置したまま、物語が終わってしまったように感じました。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://togonakoko.blog19.fc2.com/tb.php/827-5aefd50b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Angel Beats!2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]クチコミを見る いよいよAngel Beats!最終回・・・。さあ今回は静かに濃厚に語っていきますかね・・・。 ☆<06/26更新>前回、Angel Beats!コーナー 第12話 「Knockin'on heaven's door」の感想をポッドキャストにて収録! ...
2010/07/02(金) 00:37:18 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。