パワプロの応援曲を作ったりライトボウガンで狩りに行ったりの劇ゆる変則ゲーマーまったりマイペースブログ。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年末発売予定の『モンハンP3rd』のプロデューサーとディレクターのロングインタビューが掲載されていました。

『モンスターハンターポータブル 3rd』プロデューサー&ディレクターロングインタビュー - ファミ通.com


本当に長い(笑)ので要点をまとめてみました。

●『モンスターハンターポータブル 3rd』
『2nd G』をベースにはせず、『2nd G』でも『3(トライ)』でもない感じに。
結果、モンスターの動きやグラフィックが格段によくなって、表現の幅も広がっている。

●露天風呂
クエストに出掛けるまえに露天風呂に浸かるとステータスがアップ。
『3rd』にはアイルーキッチンが存在せず、露天風呂がそれに代わる施設。

●フィールド
フィールドのバリエーションは、『3(トライ)』に登場したものに、新フィールドの渓流を加えた形。
『3(トライ)』に登場したフィールドには大幅な手直しを入れている。
採集や採掘を行なえるポイントは固定。
水中で狩りをするエリアはない。
『3(トライ)』の登場モンスターのうち、水中エリアのモンスターは登場しない。
『MHP 3rd』から登場するモンスターもたくさん用意。

●武器
過去のシリーズに登場したすべての種類の武器を盛り込む。
すべての武器にいろいろと手を加えている。
使用感や攻撃のテンポが変化しているものもある。
たとえばガンランスなどは、より派手で見栄えする武器に。
ボウガンのシステムは『2nd G』のシステムが軸。
どの武器も基本的な特徴は以前と同じ。使い勝手がまるで違うというようなことはない。
武器や防具の総数は『2nd G』ほどの数はないが『MHP 2nd』以上の数にはなる。
防具のデザインはすべての防具が和風のデザインになっているわけではない。
おなじみのハンター装備などもしっかりと登場。

●スキルシステム
仕様は従来シリーズと同じ。
防具にスキルポイントが設定されていて、その合計でスキルが発動。

●オトモアイルー
同時に2匹のオトモアイルーを引き連れて狩りを楽しめるように。
オトモアイルーのシステムにはとても力を入れている。
オトモアイルーの装備をカスタマイズ可能。
カスタマイズを施せば、武具の見た目も変わっていく。
オトモアイルーの装備は、ハンターの装備と同じ手順ではなくそれぞれ別の仕組みを用意する予定。

●オトモアイルーの武器
オトモアイルーの武器の種類は打撃系と切断系(前作と同じ)。
この2系統にたくさんのバリエーションを用意。

●その他
プレイヤーキャラクターの名前に、漢字、ひらがな、カタカナを使えるように。従来どおり、英字も使える。
G級のクエストはない。
農場は広く。
ジンオウガは『MHP 3rd』はハンターが当面の狩猟目標とする、作品を象徴するモンスター。
『2nd G』のデータ引き継ぎはない。
発売後は前作を上回るたくさんの配信クエストを提供。
今年の年末には発売したい。



「予定」なので今後変わる可能性もありますが、ひとまず現段階での『3rd』の情報ということで。

続報も楽しみですねw


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://togonakoko.blog19.fc2.com/tb.php/700-b80e3f60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。