パワプロの応援曲を作ったりライトボウガンで狩りに行ったりの劇ゆる変則ゲーマーまったりマイペースブログ。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は久し振りに爽子が主人公として戻ってきた回でしたね。

第22話、「クリスマス」の感想です。


(以下、22話感想、ネタバレ注意)


クリスマスを、友達と過ごすか家族とで過ごすかで板ばさみの爽子

一度は友達みんなで過ごすパーティのほうを選び、家族に言い出そうとしますが、家族と過ごすクリスマスを楽しみにしている父親のハイテンションさを前に、結局家族で過ごすクリスマスを選ぶことに。

現実にいますよね、こういうお父さん。

が、渡せないと思いつつも爽子が風早くんのために編んだ毛糸の帽子を、勝手に自分へのプレゼントだと勘違いして被るのは現実にいたらかなり最悪ですw


いやああああ!笑えるけど笑えないー!

これは駄目。ダメだよーお父さーん。


夜になり、家族と過ごす爽子の家に千鶴から電話が。

電話に出た爽子の耳には、皆の楽しそうな喧騒が一緒に聞こえてきて、電話の相手が吉田に代わり、そして風早に変わったところでついに泣いてしまう爽子。

ここからの爽子母・父の連携は見事でしたね。

事情を察して母親が電話を代わり、父親は爽子にクリスマスプレゼントとして携帯電(充電済み)を渡し、娘(爽子)を友達のいる会場へ行かせました。

ついにこの日が来たかとハイから灰になったお父さんがちょっと可哀想でしたが、覚悟はしていたみたいですね。

「そういうこと(友達とのパーティ)は早く言いなさい」と優しく諌める姿は、どこから見ても立派な父親でした。

爽子の編んだ毛糸の帽子を勝手に自分のものにしていなければ。(笑)


急いで会場に駆けつける爽子ですが、でも間に合わなくて。

でも、やっと着いたそこには、風早くんが。


「もしかしたらって、思ってた。」


イケメンキターーーーーーーーーーーーー!!!

久し振りのスーパーニヤニヤタイムがやってきましたw

風早が爽子に「意味無いかもと」と渡したクリスマスプレゼントは、ケータイのストラップ

ちょうどケータイを父親から貰ったばかりの爽子が慌ててケータイを出して見せますが、ここはよかったですね。

初めて登録した電話番号が風早くんの番号だという流れがよかったです。

ケータイという小道具が効果的に使われていましたね。

作品も作風も全く違いますが、『喰霊-零-』でもケータイが効果的に使われていたことを思い出しました。

人とのつながりを示す象徴的なものなんですね、携帯電話って。


途中はどうなることかと思いましたが、最後はほんわかした気分になれてよかったです。

もし爽子の父親が“ペンダコに優しいシャープペンシル”を渡していたらこうはなっていなかったはずw


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://togonakoko.blog19.fc2.com/tb.php/673-531df427
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
君に届け VOL.5 [DVD]クチコミを見る 期末テストが終わり終業式を待つだけとなった12月のある日、風早がクリスマスイブに“彼氏・彼女いないヤツ”で集まって、クリスマス会をやろうと提案する。龍やジョーの男子メンバーの他にも、千鶴やあやねたちも参加をすることに...
2010/03/15(月) 03:08:01 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。