パワプロの応援曲を作ったりライトボウガンで狩りに行ったりの劇ゆる変則ゲーマーまったりマイペースブログ。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年に一度、女子寮を一般向けに門戸を開き、招待したお客を寮生たちがおもてなしする日がやってきましたが、美琴はどこか憂鬱。

そしてしばらく続いた息抜き回も今回で終わりでしょうか。

4コマ漫画をアニメ化したような感じだった第19話、『盛夏祭』の感想です。


(以下、19話感想。ネタバレ注意)


今回は4コマ漫画的小ネタがいくつも連続してあった感じでしたね。

展示品のシュガークラフト(砂糖菓子)を勝手に佐天が食べたり、それを見てあたふたする初春が美琴に助け舟を求めると普通にシュガークラフトの試食?を勧められていたり

刺繍では佐天がスポーツカーを縫い、美琴は相変わらずのファンシーな趣味のものを縫い、一番ヤル気の初春は一番無難な出来の花を縫い。

生け花コーナーでは感動して作り手を誉める初春に

「貴女の御髪の髪飾りのほうが素敵ですわよ」

と言われ、


「なんのことですか?」




・・・。え?


お嬢様学校を堪能し、すっかりその雰囲気に洗脳された初春でしたが、そんな遠くに行ってしまった初春を佐天が正面からスカートをめくって現世に召喚

昼食の食べ放題ではアンチスキルの鉄装先生が、オークションでは固法黒子が、それぞれオチを担当(笑)し、婚后に到ってはもはやただのギャグキャラに。

婚后さん、個人的に好きなキャラなんですけど、何だかかわいそうになってきましたw

こんな感じで、最初から最後まで4コマ漫画ノリでしたが、こういうのもいいものですね。


そしてどこか憂鬱だった美琴でしたが、最後は吹っ切れて、ステージでヴァイオリンの独奏。

という今回の話でしたが、演奏の直前、緊張していた美琴の前に上条さんが久し振りに登場しましたが、記憶がなくなっていましたね。

ドレスのせいで美琴が誰なのか分からなかったのかと最初は思いましたが。

禁書~との時系列は詳しく知りませんが、いつもどおりの美琴に対して、最後まで他人行儀だった上条。


ちょっと切ない気持ちになりました。


ところで例の大食い、やはりインデックスでしたねw


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://togonakoko.blog19.fc2.com/tb.php/647-8d7a61da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
盛夏祭、常盤台中学女子寮が一般解放されるイベント。 なぜかメイド姿でお出迎え(笑) 記録係の黒子は美琴を激写、激写(^^; 招待され...
2010/02/14(日) 09:30:24 | SERA@らくblog 3.0
常磐台中学校女子寮盛夏祭のお話。 今回も人物の絡め方が実にうまいですね。 禁書キャラの「誰を登場させるか」のチョイスも見事でした。 なんでメイド服で接待と思ってたんですが、指南役が舞夏とはね。 納得です(^-^) レギュラーキャラ陣は新たな面を見せてくれ
2010/02/14(日) 22:07:18 | のらりんクロッキー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。