パワプロの応援曲を作ったりライトボウガンで狩りに行ったりの劇ゆる変則ゲーマーまったりマイペースブログ。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ToHeart2ポータブルをクリアしました~。

全てをやり終えての私の評価はこんな感じです。

 ●面白さ: シナリオによって差があるが概ね良好
 ●難易度: 易(ただしCGコンプリートは1枚が激難)
 ●グラ: 綺麗。CGも良い、数もなかなか。
 ●音楽: わりと普通
 ●CV: 非常に良い。音割れ無し。
 ●ロード: 快適(ただしスキップ時は普通)
 ●システム面: 良(ただし自動文字送りに難あり)
 ●その他: 一つのシナリオを除いて主人公がそこそこ程度のヘタレ


以下、詳しく。

シナリオによって面白さに差があります(100点満点でいうと、65点~85点ぐらいかな)が、トータルで見て、じゅうぶん楽しめる内容のゲームでした。(^ω^)

難易度については攻略サイトを見ずに全シナリオをクリアできたので、全体的に簡単なほうでしょう。

しかしCGのコンプリートについては1枚だけ、異様に難易度の高いCGがあるので、これは攻略サイトを見ました。

「ええええ!!??」とビックリする条件のCGでした。
これについては最後に書きます。

グラフィックスはCGも綺麗で通常画面も綺麗。文字も見やすいです。

ただ一つ気になったのが、姫百合珊瑚の立ち絵が少しボヤけていること。
線がシャープじゃありません。

妹の姫百合瑠璃と二人並んで立つシーンが多いんですが、瑠璃がクッキリしているので珊瑚のボヤけ具合が少し目に付きます。
なぜこうなったのか分かりませんが、これは残念でした。

音楽については、普通~やや良いぐらい。
キャラ専用BGMが初代THのほうが私には好みでしたね。
決して悪くは無いのですが、もう少し主張するものがあっても良かったのではと思います。

キャラクターボイスについては、音割れもなく、声優さんの演技もとても良かったです。
特にタマ姉はエロ・・・げふんげふん、色んな意味で良かったですねw

瑠璃ちゃんはTVで見る大阪のオバチャンみたいでしたが、それはそれで良かったです。

ちなみに姫百合姉妹の関西弁が擬似関西弁(関西人が喋る関西弁のアクセントではない)なのは、わざとそういう風にしているらしいです。

ロードについては以前にも書いたとおりほぼ皆無で、非常に快適です。
ただし、既読スキップ時はロードが入ります。そのため、ちょっとスキップが遅いでしょうか。
私は気になりませんでしたが。

システム面については、基本的に良いのですが、「自動文字送り」あまり使いものになりません

○ボタンを押さなくても自動的に文章を進めてくれる機能ですが、セリフ以外の部分が凄く速い
読みきらないうちに次のページに行ってしまうことが多々あり、結局ほとんど使いませんでした。
スピードの調節ができないのも痛いところです。

あと、購入するかどうか凄く迷った要素の一つ、主人公のヘタレ具合について。

割とマシでした。
ネットであまりにヘタレヘタレと書かれているのを見て、よっぽどヒドイんだろうなと覚悟していたせいかもしれません。

ただし、本っ当にウンザリするぐらいのヘタレっぷりが続くシナリオが、1つだけあります。
どのヒロインのシナリオか、言わなくても分かると思います。プレイすれば。


(※注意:以下、モロバレにならない程度にネタバレあり。)


さて、ヒロインごとに用意されているシナリオについて。

どれとは言いませんが、話を深く掘り下げて書かれているシナリオと、そうでもないシナリオとの差が気になりました。

ラブコメだけで終わるシナリオ(山場は一応ちゃんとある)と、それだけじゃないシナリオと言いましょうか。

話の重要な鍵を握っていたわりに最後はうやむやで消えていった一部のサブキャラの存在も気になりました。
泣いて逃走して以後まったく出てこないでシナリオ終了とか。
一体あれからどうなったんだとw

ヒロインのキャラ設定・・・性格ですが、2次元ならではのキャラが勢ぞろいですね。
3次元だったら痛い、を通り越して怖い、危ないキャラもいます。
精神年齢がかなり低かったり電波ちゃんだったり・・・。(´`;

それを面白いと思えるかどうかが、このゲームを購入するかどうかの基準になると思います。

が、幸いなことに、そこはギャルゲー。
全員良い子たちなのでそこは安心してください。
少なくとも私は全く無問題でしたw

あと、TH2ポータブルにはオールクリア後のオマケはありません
18禁版(PC)ではミニゲームがあるらしいですが。

初代TH(Wパック版に同梱)については、ミニゲームの解説が付属の説明書に載っていますが、TH2についてはそれが載っていません。

つまり、TH1はミニゲームありTH2無し、ということなんでしょうね。

う~ん、残念。

最後に、1枚だけ異様に難易度の高いCGがあると書きましたが、それは。

「ささら」のとある1枚、といえば分かると思います。

そしてこのCGのゲット方法は、なんと。

9時台にそのCGが登場するシーンを迎えること
ゲーム中、どの選択肢を選んだとか、そんなのは一切関係ありません。

誰が朝の9時台にギャルゲーをするんだと声を大にして言いたいですが、仕様なので文句を言っても仕方がありません。

PSPの時刻設定をいじって9時台にすればOKなので、それでCGをコンプリートさせましょう。


長文、失礼いたしました。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://togonakoko.blog19.fc2.com/tb.php/447-d0d91cab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。