パワプロの応援曲を作ったりライトボウガンで狩りに行ったりの劇ゆる変則ゲーマーまったりマイペースブログ。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クラナド・アフターストーリー総集編(第24回)、「緑の樹の下で」を見ました。

総集編ということで、第1期も含めてCLANNADの話がダイジェストでまとめられていました。

これで1期と合わせてCLANNADが全て終わったことになりますが、とても良い作品だったと思います。


(以下、総評。総集編ネタバレ&原作ネタバレ注意)


えーと、要る?これ?

総集編を見ての、まず最初に思った私の正直な感想ですw

本編をもう少し長く見たかったので、ちょっとだけそう思ってしまいました。^^;
文句ではないんですが、DVD特典でもよかったようなw

後半はテンポが本当に速かったですからね。
この1話分の時間を使って、もう少しゆったり進んでくれても良かったように思います。

もしくは原作であった秋生&早苗ルートの話とかしてくれてもよかったかなーとも思ったり。


さて今回の総集編は、渚との出会いから今に到るまでの話を、朋也に話して聞かせるという形で進みました。
なので、総集編とはいいつつ渚メインでの編集になっていて、渚以外のヒロインは自己紹介程度。

のときには体育倉庫でのあのシーンが流れましたが、汐に話をしているという体裁で話をしているので、このシーンはどうかとw
朋也あなた何を思い出してるんですかww

今回の総集編ではっきり分かったことは、渚と汐が死んでしまったほうの世界の記憶を、渚と汐が生きているほうの世界の朋也が持っているということ。

死んだ渚が生きていたりで色々混乱(笑)が起こっていたりするみたいですが、16話がやっぱり物語を解釈、理解する上でのカギになってますね。
22話(本編の最終回)で、最後に渚が言うまとめのセリフも物語の解釈、理解の助けになるでしょう。

原作未プレイの人には分かりにくいという意見もありましたが、原作プレイ済みでも分かりにくいですよ?w
幻想世界が何のためにあったのか、どうしてあったのか、幻想世界の少女とロボットは誰(何)だったのかは、アニメのほうが分かりやすかったと思います。


たまたま深夜にTVを点けたら、風子が周りの人から認識されなくなっていく話(第1期CLANNAD)がやっていて、その時は何となく見ていたんですが、「どうして周りの人から見えなくなっていってるんだろう?」と疑問に思い、その理由が気になって翌週からとりあえず見続けたのが、CLANNADに引き込まれたきっかけでした。

それまでCLANNADって知らなかったんですよね。


風子の話をたまたま目にする
 ↓
CLANNADにはまる
 ↓
1期終了の頃、CLANNADフルボイスが発売
 ↓
買っちゃった
 ↓
原作プレイ
 ↓
はまる
 ↓
クリア後、感動の余韻に浸っていたらリトバス!EXの発売が7月に
 ↓
予約(笑)
 ↓
プレイ
 ↓
リトバスにはまる
 ↓
CLANNAD AS放映開始
 ↓
CLANNADに再びはまる
 ↓
連鎖反応でリトバスにもう一度はまる
 ↓
今に至る


keyの罠にはまっているとしか思えないこの一連の流れw
この手のゲームは10年近くしなくなってたし興味もなくなってたんですけどね。^^;

あのときあのタイミングでTVをつけていなければ、CLANNADやリトバスでの感動を知らないままでいることになるんですね。
気まぐれでTVを点けて良かったなと思いますw


これでCLANNADが終わったわけですが、充実感ありますね。
やっぱり良かったです。音楽も素晴らしかったです。


AFTER STORYで一番感動したのは、やっぱり父、直幸との和解シーン
中でも、直幸が朋也を「朋也」と呼び捨てで呼んだシーンでしょうか。


「ん?どうした朋也?・・・どうして泣いてる?」


(ノД`)・゚・


このセリフは今聞いてもやばいですねw
途中からCLANNADを見た人には何の感動もないシーンなのかもしれませんが、最初から見ている人にはかなり心に響くシーンだったと思います。

皆さんにとっての、一番のシーンは、どこでしたか?

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://togonakoko.blog19.fc2.com/tb.php/284-8af7a4bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。