パワプロの応援曲を作ったりライトボウガンで狩りに行ったりの劇ゆる変則ゲーマーまったりマイペースブログ。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あともうちょっとで完全試合。
惜しかったな~。

『黒田7回までパーフェクトの快投! 2度目の完封勝利』
 ロサンゼルス・ドジャースの黒田博樹投手は7日、地元でのアトランタ・ブレーブス戦に先発。
7回まで1人の走者も出さないパーフェクトピッチングを披露するなど9イニングを1安打、無失点に抑え、メジャー2度目の完封で5勝目(6敗)をマークした。
 ドジャースは3-0で勝利。(中略)
 8回の先頭打者マーク・テシェイラ一塁手にライトへのツーベースを打たれて快挙は逃したものの、9回をわずか91球で投げ終え、1安打、無四球、6奪三振で零封。
これで故障者リストから復帰後は16イニング連続無失点となった。(中略)
 ドジャースはこの日試合のなかったアリゾナ・ダイヤモンドバックスと並び、ナ・リーグ西地区で首位に立った。

『準パーフェクトの黒田に相手チーム驚愕、「今季最高の投球だ」』
 オールスターに選出されたブライアン・マキャン捕手は、「今年、おれたちが対戦した投手の中では最高のピッチングをしていた。(黒田は)95マイル(約153キロ)のシンカーを投げてきた。あれはすさまじい落差だった。おれたちは、なす術がなかった」と黒田に脱帽。
 名将ボビー・コックス監督も「今年最高のピッチングのひとつに数えられるだろう。われわれは(黒田に)牛耳られた」と語った。(以下略)


落差のある153キロのシンカーって。。。

もう、高速シンカーですね。

パワプロで完全試合を1回だけやったことありますけど、
ゲームの世界でもなかなか完全試合は大変です。

COMの強さ(難易度)にもよりますけど。

完璧に抑えていたのに、8回、9回で打たれちゃったりってことがしばしば。
それがポテンヒットだったりするとまぁそれはそれは悲しい悲しい。笑

パワポタ2では2007年開幕データなのでまだ黒田が広島に在籍していて、
能力を見ると球速156キロ、コントロールA190、スタミナA176、シュート3、フォーク3、スライダー4となっています。

シンカーは無いんですよね~。

それでもペナントでバンバン三振とれます。
COMに任せてもバンバンとれます。

これでシンカーが入ったら、そりゃもうスゴイでしょうね。


(後日追記)

シンカーではなくツーシームと表記されているニュースもありました。

どっちが本当なんでしょう?

というかシンカーとツーシームの違いが分かりません。^^;
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://togonakoko.blog19.fc2.com/tb.php/26-c9eb673b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。