パワプロの応援曲を作ったりライトボウガンで狩りに行ったりの劇ゆる変則ゲーマーまったりマイペースブログ。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クラナド・アフターストーリー第8話、「勇気ある闘い」を見ました。

今回で有紀寧編は終わり。

途中、北の大地からの贈り物には衝撃を受けました。

渚は小悪魔なんでしょうかw

(以下、第8話ネタバレ&原作ネタバレ注意)


岡崎、渚、春原、有紀寧、少年(前回登場)がいる資料室に、須藤さんが再び窓から登場。

春原を有紀寧の兄カズト(須藤が所属しているグループのリーダー)と勘違いした対立グループが、攻勢を仕掛けてきたことを伝える須藤。

カズトが退院してきたら自分たちに勝ち目がないとヤケになったとか。

と、そこへ智代が登場。

慌てて窓から逃げる須藤を見て、何かがあったことを悟った智代。
まぁ、昨日に関しては智代がその「何か」をやらかした張本人なんですけどねw

その夜、須藤の代わりに智代がメンバーに入る形で春原の部屋に集まる一同。
そこで語られるのは宮沢カズトの武勇伝、強さ

智代と唯一正面から立ち向かえる強さだと聞かされ、驚く岡崎。

不良たちさえ恐れる不良のリーダーに匹敵する強さをほこる女の子に対して普通はビックリするもんだと思うんですが。(^^;

普通に考えると驚くポイントがずれてるんですけど、智代なら仕方がない

だって智代だもんw


翌日、須藤のグループが集まる店で。

やられっぱなしでは済ませないと、気勢の上がる須藤のグループ。

相手に殴り込みを仕掛けに行くと気色ばむ皆を見て、敵対するグループにこれ以上喧嘩をしないようにと話をつけに店を飛び出す有紀寧、それに付き添う岡崎。

有紀寧の願いも虚しく、結局、リーダー同士のタイマン勝負で決着を着けることに。

店に戻り、リーダー対決になったことを有紀寧から伝えられ、動揺する須藤のグループ。
肝心のカズト入院中
誰かを代理に出すしかないが、リーダーでない人間を出したところで相手グループが納得するのか、仮に出すにしてもを代理に出すのか、悩む一同。

そこへ、前回から登場の少年が、「向こうは春原の兄ちゃんが宮沢カズトさんだと思ってるんだよね?」と一言。

店のカウンターでジュースを飲んでいた春原に不良の視線が一気に集中。


その手があった。


まさかの白羽の矢に焦る春原。
そこへ、昨日敵の不良を4人まとめてぶっ飛ばしたことを春原が自慢していたという、少年からのありがたい追加情報(おいうち?)が。

それを真に受け、それなら代理として申し分ないと歓喜する不良。
人は見かけによらないって言うけど、あんたすごい人なんだね、と感心する少年の姉。


すいません。本当に見かけ通りなんです。

すごい人だというのはある意味で当たっています。ある意味ね、ある意味。

引き下がれなくなってしまった春原、死亡フラグ完成w


そして日付は変わり。夕方。
川を挟んで対岸で睨み合う不良グループ。

佐々木(須藤のグループと敵対するグループのリーダー)が到着していないため、決闘はまだ始まらない、そんな緊張感の中。

緊張感の全く無い渚が、「ウチのお母さんからの差し入れ」を出しました。

ここでまさかの真・死亡フラグ
手提げバッグを開けると、まばゆい光が。この光、まさか。

渚「新作の、ハイパー・レインボー・パンです。(笑顔)」


キタ―――――――――――――――――――――!!!


渚の父、秋生から春原へは「おまえにレインボー」との伝言。
完全にラジオネタwww

しかしさらに予想外の展開。

渚「そしてこちら、お友達に頂いた『究極のジャム』だそうです。(まだ笑顔)」


謎ジャムキタ――――――――――――――――!!!


なんというネタ回www

なんという北の大地からの贈り物www

今までもAirどろり濃厚とか、Key作品の小ネタが地味に挟まれることがありましたけど、ここまで露骨なのは初めてじゃないでしょうかwww

Kanon、懐かしすぎるw
秋子さん、人様にそんなものあげちゃダメですwww

渚「お母さんのパンにこの究極のジャムを塗れば、最強コラボの完成です。(やっぱり笑顔)」


混ぜるな危険。混ぜても危険。混ぜなくても危険。

なんて嫌な三段活用なんだ。

事情(破壊力)を知らない春原だけでなく、不良メンバーもこの最強(最凶)コラボを一斉に口にしました。


そ ・ く ・ し w


そこへ、敵グループリーダー、佐々木が到着。
危険(パン+ジャム)を回避した岡崎がやむを得ず相手になることに。

なんという強引な展開www

ここから、岡崎佐々木のタイマン勝負に。
最初は一方的に岡崎がやられる展開でしたが、日は沈み、夜になった頃には岡崎の意地でほぼ互角の展開に。

そうしてお互いへたり込んでいるところで、ようやく、パン&ジャムの犠牲者たちが気絶状態から復活。

ボロボロの岡崎を見て、慌てて駆け寄る春原。
ゆきねぇのダチに何しやがったと憤慨する須藤につられるように残りの不良も一斉に駆けだす。

その様子を見た佐々木側のグループも佐々木さんを守れと全員が駆け出し、全員による乱闘の気配に。

そこへ宮沢カズトが月明かりをバックに登場。
それを見て突っ込んでいく佐々木。迎え撃つカズト

カズトへ拳が届く寸前で異変に気付く佐々木。

佐々木が勢いを止められず殴り飛ばしてしまった相手は、カズトの格好をした有紀寧だった。

事態が理解できず動揺する佐々木。
なお佐々木に立ち向かおうとする有紀寧と、それを止める岡崎。

予想外の展開に気勢をそがれて静まる一同。


ここからラストまであと少しですが、良いシーンなので省略します。
是非TVで見て確認してください。

有紀寧の想いが皆に伝わった、とだけ言っておきましょう。


有紀寧編はこれで終わり。

さて来週ですが、予告を見て気になった人は私だけではないはず。

がここに来てついに?みたいな感じだったんですけど。

次回、要、注目ですね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://togonakoko.blog19.fc2.com/tb.php/148-232802b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
CLANNAD AFTER STORY 1 (初回限定版) 激化する二つの不良グループの抗争。何とか両者の争いをやめさせたいと願う有紀寧は・・・。
2008/11/21(金) 21:40:44 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
CLANNAD~AFTERSTORY~の第8話を見ました。第8話 勇気ある闘い「寝不足か?」「失礼しました。昨夜、よく眠れなくて…」「よく眠れるおまじないはないんですか?」須藤が関わっているあるトラブルについて考え込み、すっかり寝不足になってしまった有紀寧がぐっすり眠れ...
2008/11/22(土) 12:57:29 | MAGI☆の日記
アバンのこのシーンがあってよかったです。 後半は見てるのキツかったんで。 寝不足の有紀寧、朋也のひざまくらですやすや… ちょっと妬けちゃう渚と空気読めない春原が可愛いw 智代ルートでケンカ沙汰に警察が入るのも時間の問題との情報が入り、 話をつけ...
2008/11/22(土) 21:19:38 | のらりんクロッキー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。