パワプロの応援曲を作ったりライトボウガンで狩りに行ったりの劇ゆる変則ゲーマーまったりマイペースブログ。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人』様の企画、
「今期終了アニメ(3月終了作品)の評価をしてみないかい?20」
に参加してみました。

6つの項目(各5点満点、計30点満点)に点数をつけて作品を評価する企画です。
企画の詳細については同サイト様でご確認下さい。

今回私が評価したアニメは、

ヤマノススメ
あいまいみー
まおゆう 魔王勇者
D.C.III~ダ・カーポIII~
俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる
みなみけ ただいま
閃乱カグラ
ビビッドレッド・オペレーション
僕は友達が少ないNEXT
琴浦さん
gdgd妖精s 第2期
ジョジョの奇妙な冒険
ぷちます! プチ・アイドルマスター
僕の妹は「大阪おかん」
まんがーる!
リトルバスターズ!
戦勇。


採点基準が緩めなので他の人が付ける点数より高めにつける傾向があります。
『ジョジョの奇妙な冒険』と『リトルバスターズ!』以外の作品は原作を知らずに見ていますので予めご了承ください。


↓↓↓ 私の個人的な評価は以下の通り ↓↓↓


●ジョジョの奇妙な冒険
ストーリー5 キャラクター性5 画5 演出5 音楽5 総合的な評価5
合計30
原作既読で展開を知っていても面白いのはさすが。
やはり良いものは良いということでしょう。
これでもか!というぐらい熱く暑苦しいキャラ・セリフ・展開が良かったです。

●琴浦さん
ストーリー5 キャラクター性5 画4 演出5 音楽5 総合的な評価5
合計29
シリアスと笑いが見事に融合、毎回最終回のような展開と音楽の絶妙な入りが素晴らしかったです。
登場人物の成長も無理なく描かれていたように思います。
最初、ものすごい鬱からスタートしたのも印象的でしたね(笑)。

●みなみけ ただいま
ストーリー4 キャラクター性5 画4 演出4 音楽4 総合的な評価5
合計26
まったり日常系で安定感がありました。
登場人物が多いですが、それぞれの個性がよく出ていたのが好印象です。

●まおゆう 魔王勇者
ストーリー4 キャラクター性4 画4 演出4 音楽4 総合的な評価4
合計24
世界史か商業史かのような、授業のような内容のストーリーでした。
内容なだけにやや取っ付きにくい部分もありましたが、丁寧に作られているアニメだと思います。

●僕の妹は「大阪おかん」
ストーリー4 キャラクター性4 画3 演出4 音楽4 総合的な評価4
合計23
おかんというよりオバチャンでしたね(笑)。
色々な意味で突っ込みどころが多くて面白かったです。

●僕は友達が少ないNEXT
ストーリー3 キャラクター性5 画4 演出4 音楽3 総合的な評価4
合計23
10話ぐらいからの主人公のヘタレっぷりが酷かった以外は概ね楽しめました。
また3期フラグなのか、最終話で中途半端な終わり方だったのが残念と言えば残念。
もう少しすっきりした終わり方のほうが好みです。

●あいまいみー
ストーリー4 キャラクター性4 画3 演出4 音楽3 総合的な評価5
合計23
作者(の脳)が心配になるアニメでした。
このアニメに慣れると大抵のことには動じなくなります。“普通”って何だろうと思ったのは私だけではない、はず(笑)。

●閃乱カグラ
ストーリー3 キャラクター性4 画4 演出4 音楽4 総合的な評価3
合計22
ストーリーがややベタでしたが、バトルが妙に熱いなど思ったより真面目で意外とよく出来た作品だと感じました。
忍者忍術は全く忍んでいませんが、それはいいでしょうw

●ヤマノススメ
ストーリー3 キャラクター性4 画4 演出4 音楽3 総合的な評価3
合計21
短い尺のわりにはキチンと作られている作品でした。
ほのぼの系の中でも完成度は高かったと思います。30分アニメでも良かったような気もします。

●リトルバスターズ!
ストーリー3 キャラクター性4 画3 演出3 音楽5 総合的な評価3
合計21
原作にとても忠実に作られていましたが、話のテンポが全体的にゆっくりすぎて、間延びしたイメージが残ったのが残念。
もうちょっと話を詰めても良かったと思いました。
また、リトバスの本番はある意味リフレイン(2期)からなので、1期である今回の評価はこんなものでしょう。

●ビビッドレッド・オペレーション
ストーリー3 キャラクター性3 画5 演出4 音楽3 総合的な評価3
合計21
悪くは無いのですが、何か1つ足りないというか、いまいち盛り上がりに欠けた印象が残りました。
もし私が尻フェチだったなら評価はもうちょっとだけ高かったでしょう(笑)。

●gdgd妖精s 第2期
ストーリー3 キャラクター性4 画4 演出3 音楽3 総合的な評価3
合計20
変にストーリー性を持たせたのが逆効果だったように感じました。
1期のような爆発力はありませんでしたが、それでもそれなりに楽しめました。

●ぷちます! プチ・アイドルマスター
ストーリー3 キャラクター性4 画4 演出3 音楽3 総合的な評価3
合計20
1話が短いので惰性でなんとなく最後まで見てしまったというのが正直なところ。
まったり気分になりたいときには丁度よいかも。

●戦勇。
ストーリー3 キャラクター性3 画3 演出4 音楽4 総合的な評価3
合計20
途中ずっと牢屋にい続けてからは正直イマイチでしたが、それなりに面白くはありました。

●まんがーる!
ストーリー2 キャラクター性3 画3 演出3 音楽3 総合的な評価3
合計17
「短いから何となく見ていた」の典型的な作品。
良くも悪くも本当に普通。

●D.C.III~ダ・カーポIII~
ストーリー2 キャラクター性4 画2 演出2 音楽3 総合的な評価2
合計15
明らかに尺稼ぎと思われる一枚絵や、無駄に人物の顔のアップが多いのが気になりました。
萌え以外の部分(主にストーリー)でもキャラの魅力を表現して欲しかったです。

●俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる
ストーリー2 キャラクター性2 画2 演出3 音楽3 総合的な評価2
合計14
黒歴史ノートの執拗な朗読が個人的には感情移入しづらく、私に向いていない作品でした。
6話ぐらいからピンクの長髪の女子が出てきてからはそれなりに面白かったので最後まで見れましたが、やっぱりキツイですねw


●ベストキャラクター賞:真鍋 義久(琴浦さん)
琴浦さんに一途、好きだと堂々公言する、エロいが紳士的等々、ちょっと残念、だけど見ていて気持ちのいいイケメンでした。

●ベストOP賞:「Little Busters! 〜TV animation ver.〜」(リトルバスターズ!)
何年も前から何度も聞いている曲ですが、爽快感がやはり良いです。

●ベストED賞:「希望の花」(琴浦さん)
曲自体が良いのはもちろん、歌詞が作品の内容にもバッチリ合っていて、かつ話の展開と曲の入りが絶妙すぎるなど、文句なしでベストED賞。
衝撃度で言えば同作品の「つるぺた」が上でしたけどねw

●ベスト声優賞・男性:伊丸岡篤(ジョジョの奇妙な冒険:シュトロハイム役)
まさにシュトロハイムでした。完璧じゃないでしょうか。

●ベスト声優賞・女性:井口裕香(僕の妹は「大阪おかん」:(役多数))
「大阪おかん」での“井口無双”に拍手(笑)。あそこまで行くと笑いを通り越して感動を覚えます。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://togonakoko.blog19.fc2.com/tb.php/1436-638d42c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。