パワプロの応援曲を作ったりライトボウガンで狩りに行ったりの劇ゆる変則ゲーマーまったりマイペースブログ。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リトルバスターズ!第12話、「無限に続く青い空を」を見ました。

これで前半が終わりましたけど、ううむ。

では第12話の感想を書いていこうと思います。


(以下、第12話&原作ネタバレ注意


諭吉ネタ来ましたね。
恭介は、しっかりしているのか、していないのか(笑)。

真人と謙吾の不毛なやりとりを見ていると、リトバスメンバー、厄介な人しかいないですねw
改めて言うことではないかもしれませんがw

そして美魚腐女子ということも判明。
原作を知らない人からすると結構衝撃的かもしれませんが、美魚といえば「腐」ですね。

短歌ネタについては他にも面白いものが結構あるので、もう少ししっかりやっても良かった気がします。
冒頭の諭吉ネタがちょっと長すぎたような・・・。

話の大筋には関係のない小ネタが3つ来ましたが、どうやら美魚ルートの話に入るようです。
予告を見る限りではアッサリ終わりそうな感じもありますが、どうなるか。

かなり長いのですけどね、美魚ルートは。
そして独特の空気感と怖さがあります。

その怖さは、うっすら笑っている美魚(らしき人の存在で)今回うっすら出ていました。
やや抽象的な描写の多いルートでもあるので、それをどう表現するか、ですね。

それにしても本当にこのペースで後半大丈夫なのでしょうか。
前半12話までを振り返ってみると、ストーリーらしいストーリーは小毬ルートのみ。
小ネタが多いのはある意味原作どおりですが、もうちょっと本筋のストーリーを濃くしたほうがいいような気もします。
特に今回は、面白いと思いましたが原作での結末を知っているせいか度々そう感じます。

原作プレイ済みの人と原作未プレイの人とでは、アニメ版リトバスはかなり受ける印象が変わりそうな気がします。


TVアニメ『リトルバスターズ!』公式サイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://togonakoko.blog19.fc2.com/tb.php/1385-9a148433
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。