パワプロの応援曲を作ったりライトボウガンで狩りに行ったりの劇ゆる変則ゲーマーまったりマイペースブログ。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リトルバスターズ!第11話、「ホラー・NO・RYO大会」を見ました。

イイハナシカナー。

では第11話の感想を書いていこうと思います。


(以下、第11話&原作ネタバレ注意


恭介の提案で肝試しをすることになったリトバスメンバー。

冷静なメンバー(理樹、葉留佳、来ヶ谷)、
本気で怖がるメンバー(鈴、小毬、クド)、
おバカ(真人、謙吾)、
見事にタイプが分かれたグループ分けでした(笑)。

あと、キャラの特徴(アイテム)が満遍なく描写されていたように思います。

鈴=猫、クド=犬、葉留佳=ビー玉、謙吾=竹刀、真人=筋肉、来ヶ谷=もずく、小毬=パンツ。

こうして並べると、来ヶ谷と小毬がやや異質ですねw

しかしまぁ今回は、正体が判明するまでの鳥の描き方が雑というか何というか・・・(笑)。
もう少しどうにかならなかったのかと。

ちなみに原作は鳥だけではありませんけどね。
さすがに原作のアレは出せませんかw

そして校長室の幽霊は本物だったという綺麗なオチ(?)でした。
知らぬが仏というやつですね。

原作でもあった今回のキモ試しイベントですが、完全に余談ですね。
限られた話数の中で、この話を入れて後半大丈夫なのかと。
本当にゆったりしたペースで物語が進んでいるので、果たして終盤、尺が足りるのかさすがに心配になってきました。

大丈夫かなー。


TVアニメ『リトルバスターズ!』公式サイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://togonakoko.blog19.fc2.com/tb.php/1378-f92c0b11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。