パワプロの応援曲を作ったりライトボウガンで狩りに行ったりの劇ゆる変則ゲーマーまったりマイペースブログ。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リトルバスターズ!第6話、「みつけよう すてきなこと」を見ました。

小毬回、これでラストですが、今回の恭介は重要なことを喋っていました
何がどう重要なのかはさすがに書きませんけどねw

では第6話の感想を書いていこうと思います。


(以下、第6話ネタバレ注意)


兄の死を受け入れられずに今まで来た小毬をどう救うか、という回でした。
基本的に理樹が小毬を救う流れでしたが、現リトバスメンバー全員が理樹をサポートするというのは、「これぞリトバス!」という感じ。

恭介、真人、謙吾、鈴、来ヶ谷の、さり気なくも個性的なサポートが目を引きました。

特に真人の株はこれまで以上に上昇したのではないでしょうか。
人見知りの鈴が自分から積極的に画材を貰いに行くシーンは鈴の成長も窺い知ることが出来て良かったと思います。

まあ姉御のもずくネタがここで来るとは思いませんでしたがw
ここまでリトバスを見ていて思ったのですが、姉御、結構美味しいポジションですよね。

姉御ファンとしては嬉しい限りです。

少々ご都合主義的な展開とも取れる今回でしたが、私は良かったと思います。

さて冒頭でも書きましたが、今回の恭介は、実はとても重要なことを喋っています。
原作を知っている私からすると、「おっ」と思う瞬間でした。
原作を知らない人は今回の恭介の言葉を頭の片隅に記憶しておくといいと思います。

次回は予告を見る限りでは葉留佳の話が来るようですね。
葉留佳はちょい役に終始するのではという前回の予想がいきなり外れましたw

次はクドがメインの話が来ると思ったのですが、蓋を開けてみたらクドルートだった、ということになっている可能性、なきにしもあらず。

次回が楽しみです。






・・・ところで美魚の出番は?(笑)


TVアニメ『リトルバスターズ!』公式サイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://togonakoko.blog19.fc2.com/tb.php/1362-608911de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。