パワプロの応援曲を作ったりライトボウガンで狩りに行ったりの劇ゆる変則ゲーマーまったりマイペースブログ。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一通りクリアできたのでレビューします。

10段階評価(低1~10高)すると次の通り。

ストーリー6~8 なかなか面白い
戦闘 かなり楽しい。
面白さ7.5 面白い。 
難易度 コンプリートするとなると難しい
グラ 悪くないがCG数が少なく感じる。
音楽 普通。もう少し主張する曲があっても良かった。
CV 音質が良いとはお世辞にも言えない。
ロード 快適。(PSP-3000使用)
システム面 大きな穴は無い。
同梱UMD(ティンクル★くるせいだーす STARLIT BRAVE) 面白い。

総評: 後述。



(以下、レビュー。具体的なネタバレはなし)


ストーリー:6~8
ヒロインのルートによって評価が割れるので6~8となっていますが、概ね良いと言えます。
どのヒロインのルートも結構長いのでクリアには時間がかかるでしょう。
元18禁ゲーというのが分かる描写もあるので、そこはさすがSERO『D』といったところです(笑)。

PSP版で新規に追加されたマカロンですが、しっかりしたストーリーで他のキャラともよく馴染んでおり、後から追加された感じは全くありません。よく出来ています

話の展開も面白いのですが、ストーリーに深みは特に感じませんでした。その理由は、登場人物(サブキャラも含めて)に思った以上にロリ寄りなキャラが多いからかもしれません。
ロリというよりキャラの精神年齢が低いというか、一言で言えば「子供」です。

私の感覚では生徒会メンバーは中学生ぐらい、ロロットに到っては完全に小学生だと感じました。
年上キャラ好きの私としては、ここまでロリキャラ揃いだとは正直ちょっと誤算でした。
ある意味パケ絵通りかそれ以上といったところ。

これら能天気なキャラたちのせいでシリアスな展開でもあまり緊張感がないです(笑)。
良くも悪くも話の腰を折る(特にロロット)キャラがいるので、シリアスが苦手な人にはいいかもしれませんね。

完璧に個人的な好みの問題になりますが、もう少しキャラの精神年齢を大人にして欲しかったですね。
そうすればストーリー評価は7~8ぐらいにはなったと思います。

なお、サブキャラにもEDが用意されていますが、個別ルートと呼べるほどの話は基本的に用意されていません
取って付けたような超展開なEDもあるなど、このED、要る?と正直思うものもありました。


戦闘:
ストーリー中に訪れるバトルですが、これが秀逸
この“バトル”がしたくてこのゲームをプレイしていたと言ってもいいぐらいです。
独特のバトルシステムですがストーリー中に随時チュートリアルが入るのでプレイしているうちに慣れます。

またバトルは敵が変わるだけでなく、ストーリーの展開によって味方も通常パーティとは異なるなどバリエーションが豊富
このキャラが仲間になってくれるんだ、とか、このキャラと戦うことになるんだ、とか、このパーティで戦えというのか、など、本当に色々あって飽きません。

また戦いに1度勝てば「ヘレナの部屋」でその戦いに何度でも挑戦できるようになっているなど、とことん遊べるようになっています。
ハイスコアも記録されるのでやりがいもあります。

行動の選択をミスすると一方的にボコられて何も出来ないまま負けることもあるので、そこは賛否両論でしょうね。


面白さ:7.5
ストーリーと戦闘、その他諸々を足すと、これぐらいでしょうか。
キャラの精神年齢の低さが唯一のマイナスポイントでしたが、あとは比較的優秀。


難易度:
マップ上で攻略したいキャラを選択すればそのキャラの個別ルートに入れるため、そういう意味では簡単ですが、ルートによっては途中の“バトル”の難易度が高いものがあるので一概に簡単とは言い切れません。
また、トロフィーやバトルなどのやり込み要素をコンプリートするとなると難しいです。
時間も結構かかるので評価は8としました。


グラ:
グラフィックの質は問題ではなく、が問題です。残念ながらどうしても数が少ないと感じました。
ここはCGが欲しかったな、というシーンが何個もありました。
なので評価は6とやや低くなっています。


音楽:
普通です。もう少し主張する曲があっても良かったと思いました。


CV:
誤解のないように先に言っておきますが、声優さんの演技は良いです。キャラと声にも違和感はありません。
問題は音質良いとはお世辞にも言えません。イヤホンを着けていないと聞こえないような音声もあります。
容量の問題もあるのでしょうが、もうちょっと頑張って欲しかったです。


ロード:
PSP-3000使用ですが、メディアインストールをしていると快適にプレイできます。


システム面:
文章スキップの際、止めたいところで止められなかったりするのが欠点ですね。
スリープから復帰したとき、メディアインストールの設定が解除されてしまうのも残念です。
とはいえBGMの調整など、基本的な設定については一通り出来るようになっており、大きな問題はありません。


同梱UMD(ティンクル★くるせいだーす STARLIT BRAVE)
独特のバトルが面白いこのゲームですが、そのバトルに特化したオマケUMD。
分岐のない1本道の簡単なストーリーを進めるだけですが、随時バトルが入ります。

別ゲームのキャラ(とらドラ!の大河など)が登場するので、それらを知っているとなお楽しめるでしょう。
くるくる本編クリア後の世界の話なので、本編クリア後にプレイした方がいいと思います。

個人的にはメリロットさんなどのキャラが使えなかったのがマイナスポイントでした。


総評:
1周が長い、キャラの精神年齢が総じて幼い、元18禁ゲーだと分かる描写がある、それが苦手でさえなければ買いだと思います。
バトルは本当に面白いので、プレイしてみる価値はあると思います。

3000円ちょっとでの価格でがっつり遊べます。
UMDも2枚組みなのでお得感もあると思います。


ちなみにヒロインの攻略順ですが、マカロン最後にした方がいいような気がします。
他、メリロット聖沙も、攻略は後回しの方がいいかと思います。
よって、この3人以外のキャラから攻略していくと良いでしょう。

ま~あくまで個人的な意見ですので、参考までに。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://togonakoko.blog19.fc2.com/tb.php/1358-d01298ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。