パワプロの応援曲を作ったりライトボウガンで狩りに行ったりの劇ゆる変則ゲーマーまったりマイペースブログ。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
色々な意味でこれはどうなんだと思った回でした。

アニメが変わってましたよねw

ということで第漆話、『かれんビー 其ノ漆』の感想。


(以下、7話感想、ネタバレ注意)

ドラゴンボールですね、完全に。
誰しもが思ったことだと思います。

これを、心象風景の描写と捉えるにしても、ちょっとやりすぎのような気がしました。
火憐は兄を殺す気ですかw

原作ではここはどう書かれてあるのでしょうね。
先日、原作を買おうと思ったのですが、本屋で見たら意外と高くて躊躇してしまい、買っていません。

まどマギ展の後遺症で財布の中身が・・・。(笑)

さて、前半が暦と火憐の喧嘩(戦闘?)で、後半が暦とガハラさんによる貝木との話し合い。
テンションの差がヒドイですねw

どちらのパートも、分かったような分からないような、なんとも煮え切らない内容でした。
これで一応『かれんビー』は終わりで、残りは月火編だそうですが、残り少ない話数でどうなるのか。

今回もあった暦と忍のやりとりですが、この二人の掛け合いは見ていて楽しいですね。

次回からは公式にあるとおり、ショートのガハラさんになるのでしょうか。
これも楽しみにしたいと思います。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://togonakoko.blog19.fc2.com/tb.php/1266-fcdd39a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。