パワプロの応援曲を作ったりライトボウガンで狩りに行ったりの劇ゆる変則ゲーマーまったりマイペースブログ。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11年10月ゲーム販売 : 3DSで珍現象!ソフトの売り上げがハードの半数以下

11年10月のゲーム販売ランキングによると、(中略)「ニンテンドー3DS」が約 30万4000台を売り上げ(中略)たが、3DS用ソフトの売り上げは約12万2000本とハードの半数以下にとどまっていることがわかった。ハード購入者の4割しかソフトを購入していないことになり、関係者はソフトの売り上げがハードを下回る珍現象に驚いている。

 3DSは値下げで同価格となったDSからの買い換えが進んでいるが、ソフトの方は人気タイトルが不在のため、ハード購入者の多くが購入せず従来のDS用ソフトで遊んでいるのが原因とみられる。ただ、3DS用ソフトはマリオやモンハンなど人気タイトルが年末商戦に投入される予定で、11月以降はソフトも盛り返し、正常化するとみられる。(後略)


別に驚くような内容ではないと思います。

記事にもあるとおり、
(1)従来のDS用ソフトが遊べる
(2)年末の人気タイトル購入のための買い控え

これが原因でしょう。

DS用ソフトと互換性が無ければ3DS用ソフトも買わざるを得ないでしょうけど、ある以上は無理に買う必要は無いですからね。

私の個人的な予想では年末商戦に関してはvitaより3DSのほうがハード、ソフト共に売れると思っていますが、逆に言うと、ここであまり3DSが売れないようだと任天堂としては厳しいでしょうね。

ただ、さすがにマリオ、モンハンで売れないことはないと思いますが。

いずれにせよ、しばらくすれば分かることですね。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://togonakoko.blog19.fc2.com/tb.php/1204-e0f9c7c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。