パワプロの応援曲を作ったりライトボウガンで狩りに行ったりの劇ゆる変則ゲーマーまったりマイペースブログ。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PSP版パワプロ2011の発売後、その評判をネットで集めていました。
買おうかどうか迷っていましたが、私の場合はスルーして正解だったようです。

まさか2011では応援曲の作成が廃止されているとは・・・。

私としてはこれだけでも買わなくてよかったと思える十分な理由になっています。
応援曲はパワプロの醍醐味の1つだと思うのですが、世間一般ではそうではないのでしょうか。
確かに応援曲を自作しない人にとっては、無駄な機能ですからね・・・。

廃止されたのは応援曲以外にも、ポタカ、段位認定、つなゲートなどがあります。
ポタカ集めは結構楽しかったので廃止はちょっと残念。
つなゲートも然り。

段位認定の廃止は、これは納得ですね。
パワポタ2では段位100万段まで行きましたが、とてもではないですがその上の1000万段まで行こうとは思えませんでした。
ましてや1億段など問題外。何十年かかることか。

段位認定は、これ自体に問題があるというより段のケタに問題があったと言えるでしょう。
100万段丁度でカンスト(ゴール)するという仕様なら、やりがいもあるのでしょうが。

あと細かいところでは、ハイライトリプレイ廃止らしいですね。
ゲームに直接関係はありませんが、ちょっとこれは地味に嫌ですね。
試合を決定付ける一打とか、もう一度見たいのが人情だと思うのですが。


さて、肝心のゲームの出来についてですが、打高投低がかなり凄いらしいですね。
ポテンヒットホームランがかなり多く出るとのこと。
“飛ばないボール”は一切反映されていないようです。
とにかく、パワーが無くても飛ぶらしい。

また、外野が広く内野は狭いという声も少し見かけました。
これがポテンヒット量産に拍車をかけているようです。

モード別ではペナント、マイライフ評価がよくないようです。
マイライフに関しては、全くの新規で新鮮味がある点以外は「悪い」と言ったほうが正確かもしれません。

イベントがあまり起こらないこと、
早送りに時間がかかる(テンポが悪すぎてもっさり)こと、
前作で出来たことが出来なくなっている(電話や趣味、交流も無ければ、契約更改での「交渉」もない)こと、
この3つがマイライフの評価を大きく下げているようです。

その反動?なのか、逆にサクセス概ね好評みたいですね。
サクセスは短いながらもイベントが多く、選手をサクサク作ることが出来るようです。
ただ、HR量産仕様のせいで、投手は厳しいようですが。
また活躍しても思ったような結果が得られないなど、展開や評価が理不尽で、運の要素が割りと大きかったりもするようです。
何より高評価なのは今回から採用されたキャラメイク
パーツも豊富でとても愛着が湧くため、楽しいようです。

とまぁ、私が調べた限りではこんな感じです。
選手名の収録音声に関しては今のところほとんど情報は得られませんでした。
まぁ可もなく不可もなく、といったところでしょうか。
少なくとも2010年版のような残念仕様ではなさそうです。


・・・ということで、私が集めたPSP版パワプロ2011に関するネット上での感想はこんな感じでした。
あちらが立てばこちらが立たぬというか、一長一短アリ、ですね。

評判がよければ買う予定でしたが、スルーですね、今回は。
個人的には応援曲作成が無い時点で致命的でしたが。(笑)


2010年版はもう売ってしまったので今パワポタ2で遊んでいますが、パワポタ3か4を中古で手に入れようかどうか考え中だったりします。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://togonakoko.blog19.fc2.com/tb.php/1159-5bc5183b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。