パワプロの応援曲を作ったりライトボウガンで狩りに行ったりの劇ゆる変則ゲーマーまったりマイペースブログ。

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11話では記憶喪失になった太郎を巡る形で、12話では喫茶店対決という形で、美緒vs嵐子の構図がより鮮明になった回でした。


(以下、11~12話感想、総評、ネタバレ注意)


11話「失われたメモリー」は、これまで出て来た登場人物のおさらいみたいなものでしたね。

安易な原因で安易に記憶喪失になった太郎が、これらの登場人物たちと少しずつ絡んだあと、最終的には記憶喪失が安易に治る話(笑)でしたが、正直なところ、太郎は要らなかったですね。(笑)

12話「クリスマスの願いごと」は、最後のパンツが全てを持っていった気がしました。

途中のコスプレ&ナマ着替えのサービスシーンとか、どうしてノアが「美味しくなるおまじない」をノリノリでやったのか、どうして喫茶店の客層が全員変態なのか、突っ込むところはたくさんあったのですけど、パンツがそれを蹴散らした形になりました。(笑)

安易におっぱいやパンツに走るアニメが多い中で、一切そういったものがありそうで無いまま最後まで来た「えむえむっ!」は、今時珍しいアニメだったかもしれません。

いや~、終わったような気がしませんね。
私は必然性の無いエロ、エロの無駄遣いは好きではないので、そういう意味でもこのアニメの妙な硬派っぷりは好きでした。

そして嵐子は強くなりましたね。
パンチ力は最初から強かったですけど、そういう意味でなく、人間的に強くなりました。

逆に美緒は、最初こそ強い人間に見えましたが、精神的な未熟さがモロさとなって顔を出すなど、終盤になるほど特有の危うさが表に出るようになりました。

最終話は特にそれが顕著でした。
まぁちょっとあざとい気もしましたけどw


さて、総評

嵐子のトラウマイベント以外は、ほぼ茶番でしたね。(苦笑)
そして中盤のぶっ飛び具合(主にDBネタ)と馬鹿馬鹿しさは、最近見たアニメの中ではトップクラス
ただこの中盤のインパクトが強すぎて終盤、何をやってもおとなしく見えてしまいましたけどw

気楽に楽しめるアニメでしたが、もう少し話に深みというか、掘り下げた描写があれば、もっと面白くなったのではないかと思いました。
素材が変態ばかりで調理しづらいというのは分かりますが。

中の人で言えば、太郎の中の人が頑張りすぎでしょうw
最初から最後まで凄かったです。

私は声フェチでも声優オタでもないですが、さすがにこの太郎だけは、どういう状況の現場だったのかが見てみたいです。

結論を言うと、一番の変態は日村だったということでOK?w


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://togonakoko.blog19.fc2.com/tb.php/1061-41c59354
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。