パワプロの応援曲を作ったりライトボウガンで狩りに行ったりの劇ゆる変則ゲーマーまったりマイペースブログ。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3話まで見て意外とシリアスなアニメだと思いましたが、6話まで見てそれは間違いだとと思いました。

なんかもう、変態の巣ですね。(笑)

6話までの感想をここでまとめて書こうと思います。


(以下、4~6話感想、ネタバレ注意)


4話目での、美緒と太郎とのデートは、いきなりだったので正直、面食らいました。
そのデートの演出も茶番感がハンパなかったですし。

デートの最後に、美緒にも今の性格を形作ったバックボーンのようなものが(3話までの嵐子と同じように)あるという、とって付けたような結論になり、5話目から美緒の話になるのかと思ったらそうでもなく。

なんだかすっきりしない回でした。

5話目柊ノアが登場しましたが、今度はSとかMとかそういう次元を一気に通り越して何だか分からない展開に。

ドラゴンボールのパロディだというのは分かりましたが、どこまでが真面目でどこまでが不真面目なのか、よく分かりませんでした。

ただの変態がスーパーど変態になって、だから何なんだとw

雑なデザインのロボットスーパーサ○ヤ人化した太郎が戦いを繰り広げるあまりの超展開に、「何なの?これ?」と美緒が冷静に突っ込んでいましたが、激しく同意。

この時ばかりは美緒が初めてまともな人に見えました。(笑)

面白いけど素直に面白いと言えない、面白くないけど面白くないとも言えない、どう表現したらいいのでしょう、この5話は。

6話目になるとまた嵐子の話戻りましたが、太郎との間に色々とフラグが立っているようですね。

変態話の中にどれだけラブコメの要素が入ってくるのか、気になるところです。

ところで太郎のドMの治療ですが、確実に悪化していると思いますw


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://togonakoko.blog19.fc2.com/tb.php/1011-9f188259
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。