パワプロの応援曲を作ったりライトボウガンで狩りに行ったりの劇ゆる変則ゲーマーまったりマイペースブログ。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まさかの長期戦


(以下、集会所クエストG★1のネタバレあり)


『牙獣の品格』、旧密林でのババコンガ亜種戦。
ババコンガの亜種はこれが初めてですね。

武器は繚乱の対弩、アイルーキッチンで攻撃力UP、ネコの弱いの来い!発動、
貫通弾(Lv2)60発、氷結弾60発、貫通弾(Lv3)14発、通常弾(Lv3)98発、毒生肉9個で、残り4:58で捕獲。

あぶなーい!時間ぎりぎりー!!

前のクエストから捕獲の見極めスキルをおニューの防具につけておきましたが、付けておいて大正解
なかったら捕獲タイミングを逸してタイムオーバーだったでしょう。

討伐するにしてもペイントが黄色になってからでもかなり弾を撃つ必要がありますし、討伐直前でエリア移動されることもありますので。

偶然発動したネコの弱いの来い!も助けになったかもしれません。

弱いの来い!が発動するまでやり直したりすることももちろんありますが、今回は偶然。
G級になってからは、たまたま発動したこの弱いの来い!が結果的にクリアに大きく関わっていそうに思える、そういう場合が多い気がします。


さてクエストのほうですが、視界が悪くて嫌いな旧密林でしたが、ボス戦のBGMがかかってもババコンガの位置が分かりません

どこ?どこ?
カメラを動かしても動かしてもいない、いない。

んん?

しばらく探しいてると、真後ろに居ました

ああー!!!
と思っているうちに何かの一撃で吹っ飛び、戦いの幕は上がりました。(笑)

ていうか保護色になってる!!
ただでさえ見づらいのに!!


ババコンガの移動エリアはコンガが2頭いるエリアと、メラルーが2匹いるエリア、ランゴスタが5~6匹飛んでいるエリアの3つだけでした。

メラルーは真っ先に駆除しておきましたが、困るのがランゴスタ
もう、ブンブン飛んでます。
しかもどうやら無限復活っぽい。

あー、鬱陶しい!

コンガも無限増殖っぽかったですが、2頭いるのが1頭に減りましたので、もしかしたら何度も駆除しているといなくなるのかもしれません。
メラルーは一度の駆除でいなくなるようです。

さてババコンガ亜種ですが、ウンコがパワーアップしています。
3方向にウンコが飛んで来ます。
フルフルの電撃みたいな感じ。

しかも幅が広く、けっこう斜め横に陣取っていても当たります
ババコンガから見て斜め45度ぐらいの立ち位置では足りません。これだと確実に当たります。

感覚的には60度ぐらいでも厳しいぐらいでした。

また射程距離が意外とあるので、思ったよりも離れていないと当たってしまいます。

ちょうどガンナーにとって撃ち頃の位置である中距離まで飛んで来るのが厄介。
おまけに妙にコントロール?がよく、当たる当たる。

中距離で戦う癖のついたガンナーの私は、5回ほどウンコを浴びました。
ババコンガのウンコをこんなに浴びたのは初めてです。

そもそも当たらないのが当たり前だったのに。

ダメージはさほどありませんが精神的なダメージは結構あります

色々試した結果、近距離で戦うのが一番ウンコを避けられますね。
ババコンガの真横に張り付くように動いて動いて前転して前転して、隙を見て狙撃、これが一番戦いやすかったです。

ウンコを気にして離れていると突進が今度は厄介になってくるので、そういう意味でも近距離がよさそうです。
突進は、避けにくいわけではありませんが、避けやすくもありません。

またダイビング攻撃が、離れていると旧密林では分かりにくく、気付いたときには手遅れで大ダメージということも。
私はこのクエストで2回やらかしてしまいました。

もパワーアップしていました。

寝ながらこきます。(笑)

私はガンナーなので関係ありませんが、剣士タイプの人は要注意ですね。
不用意に近づくと屁の餌食に。

屁の餌食って、いやな響きですね。

消臭玉を念のため多く持って行きましたが、大活躍のこのクエストでした。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://togonakoko.blog19.fc2.com/tb.php/1006-ac8edb0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。