パワプロの応援曲を作ったりライトボウガンで狩りに行ったりの劇ゆる変則ゲーマーまったりマイペースブログ。

2013/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312013/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3DSLLを購入して約2週間、色々してみたのでレビューとしてまとめてみます。
ま~3DSLLのレビューなんて今更感が満載ですが(苦笑)、そこは気にしないで下さい。

まず結論から言うと、『とても良い』です。

3DSLLを買うまでは『DSi』と『PSP』を持っていましたが、個人的にはPSPの圧勝でした。
ゲーム機はソフト次第だとはいえ、やはりゲーム機自体の性能もそれなりによくないと~、というのも事実。

特に画面については、それなりに綺麗な画面でやっぱりプレイしたい。

その点PSPは私の基準をクリアする画面でした。
それなりに綺麗で画面も大きい。
対してDSiは・・・。まあ言うまでもないでしょう。

しかし『3DSLL』はそれなりに画面が綺麗で、何よりLLなので大きい。
これだけのことですが、これだけのことで満足度が予想以上に高いです。

特にLLは画面が大きいので3Dがとても見やすい。
3Dを楽しむにはこれぐらいのサイズの画面が丁度いいのかも。
ノーマルサイズのニンテンドー3DSだと、3Dの良さは味わいにくいかもしれません。

内蔵のソフトは、3D画面をちょっと体験してみるのに向いていますね。
別にすごく面白いわけではないですが、決してつまらなくもない。
おおー、なるほどー、という感じでした。
そしてそれ以上の感想はありません(笑)。

カメラは、3D映像が撮影できる点を除けばただの普通のカメラです。
まあこんなものでしょう。

概ね良い感じなのですが、難を挙げると、やはり重さですね。

タッチペンを頻繁に使うゲームをプレイする場合、片手持ちになる瞬間が度々発生することになりますが、片手で持つにはやはり重いです。
本体を持っているほうの手の親指の付け根あたりが特に疲れます。

両手で持っている分にはいいですが、片手はきつい。
長時間だらだらプレイしなくなるので目にはいいと前向きに捉えるのが吉でしょうかw

前機種『DSi』は個人的に中途半端な機種でしたが、『3DSLL』はかなり完成度が高いと思います。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。