パワプロの応援曲を作ったりライトボウガンで狩りに行ったりの劇ゆる変則ゲーマーまったりマイペースブログ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久し振りのストーリーミッション。
例によってこれもダイジェストですw

「神の影」アルダノーヴァ堕天
亜種とはいえ、久し振りに初顔合わせのアラガミです。
敵の懐に突っ込んで攻撃していたらいつの間にか終了w
6:21でした。

「熱帯魚」グボロ・グボロ堕天戦。
もはや簡単と言ってもよいほど。
素材集めをしつつ7:39で終了。

同じく、「悪魔の心臓」テスカトリポカ戦も楽勝。
5:45で終わり。

「カルデラの火」ディアウス・ピター戦ですが、このディアウス・ピター、頑丈だなという印象を受けました。
そろそろレーヴェベルクでは厳しいかも。
13:27でクリアしました。


(以下、難易度9のストーリー少しネタバレ注意。)


[ゴッドイーターバースト プレイ日記33 難易度9]の続きを読む
スポンサーサイト
リトルバスターズ!第16話、「そんな目で見ないで」を見ました。

原作で、最も鬱であろう葉留佳ルートに入りました。

では第16話の感想を書いていこうと思います。


(以下、第16話&原作ネタバレ注意


[リトルバスターズ!第16話、感想]の続きを読む
引き続きダイジェストです。

「盗掘者の夜」クアドリガ、クアドリガ堕天戦。
偶然なのか、2体同時になることはありませんでした。

刀身を何にするか迷いましたがアヴェンジャーを選択。

そのためクアドリガはやや長引きましたが、堕天のほうはかなり早く仕留めることができました。
結果的に8:08で、これも無難にクリアできたという感じです。


「仁王」コンゴウ堕天2体、ハガンコンゴウ戦。
ミッション発注内容にもあったとおり、3体が入り乱れての大乱戦になりました。
コンゴウ堕天のほうがまだ倒しやすいのと2体いるということで、刀身はアヴェンジャーを使用。

コンゴウはあっちこっちに飛んでいったりするので、3体がある程度ばらけてくれる可能性のある広い場所で戦ったほうがまだ攻略しやすいと感じました。
サイゴートが1匹飛んでいて鬱陶しかったですが、いつの間にか消えていましたね。
かなりやりづらいミッションでしたが、9:09でクリアできていました。

これで難易度9のフリーミッションは終了。
次はストーリーミッションに行きます。

「暴走タンク」クアドリガ戦。
これは普通でした。
いつも通り懐に飛び込んで斬りまくっていたら倒せたという感じ。

「夜の斧」テスカトリポカ戦。
サイゴート堕天など、珍しくザコ敵がいました
これまでやってきた難易度9の他のミッションではいなかったのですが、やはりいると結構鬱陶しいです。

「サイド・カー」、ヴァジュラ2体戦。

終始2体が入り乱れての乱戦で、分断も出来ないので結局そのまま押し切ることに。
体力もかなり削られたりするなど、予想外に鬱陶しさを感じる難儀なミッションでした。

逆に予想外に簡単だったのが「ダッチオープン」グボロ・グボロ堕天2体、セクメト戦。
3体同時からなのか、敵の体力が3体とも少ない印象を受けました。

グボロ・グボロ堕天(1体)とセクメトとの乱戦になりましたが、持って行った回復薬もほとんど使わず、結局8:02で終了。
刀身「魚鱗扇 真」がよかったのかもしれませんが、本当にあっけなく終了しました。

難易度9のフリーミッションが追加されたとき、このミッションが一番厄介そうだったのですが。

素材集めには良いかもしれません。

「仏像が笑う」、というよく分からないミッション名が少し気になる、コンゴウ堕天戦
難易度9のフリーミッションですが、単体ということもあり簡単でした。
しいて言えば、ちょっとだけ頑丈になっていた?ような気が・・・気のせいかもしれませんが。

「猿神の逆鱗」ハガンコンゴウ戦もやってみましたが、同じ感想ですね。
単体なので簡単、でもちょっとだけ頑丈になった?という印象です。

ただ、「未確認生物」グボロ・グボロ堕天戦は別に頑丈になった様子は感じられませんでした。
武器にもよるとは思いますが。

「女神の使命」セクメト戦、「新人の試練」ヴァジュラ戦ともに問題なし。
セクメトはこれまで通りの印象で、ヴァジュラは若干丈夫?っぽい?

「帝王の街」ディアウス・ピター戦は、防御さえちゃんと出来れば時間がかかっても・・・相変わらず強いですが、そんな感じですね。

とりあえず追加されたフリーミッション12個中、半分を片付けました。
グボロ・グボロ堕天戦の3分ちょっと以外は、素材収集込みで、大体8~13分前後
全て単体戦でザコもいないので、そういう意味では気楽に戦えます。

ということで、思ったより意外と簡単?な印象を受けました。
そして「魚鱗扇 真」を作って良かったと思いましたw

やはり武器が大事です。

「龍虎の牙」ヴァジュラ、ハンニバル戦。
ヴァジュラをもう少しで倒せそうなところでハンニバル登場、乱戦になりました。

罠やスタングレネードなど、使えるものは積極的に使用。

ハンニバルは、ふわーっと浮いてからの炎の全方位攻撃が強烈ですね。
範囲も広いので避難できません。

どうにか上手い避け方は無いものか。

ミッションをクリアしてから気付きましたが、難易度9のミッションだったんですね。

気付かぬうちに難易度8ヌルっと全クリしていたようですw

これが最高難易度なんでしょうか?

難易度9は、最初からフリーミッションが12個も解放されています。
楽そうなのから厄介そうなものまで、色々ありますね。

またこのミッションの後、素材集めで「魚鱗扇 真」に必要な「龍種血晶」を3つ、ようやく集められました。
難易度7のグボロ・グボロ戦をかなりやりましたが、部位破壊じゃないと出てこないようで、ちょっと苦労しました。

前回のストーリーミッションクリアで追加されたフリーミッションをやりました。

「紫電」シユウ堕天、ハガンコンゴウ、クアドリガ戦。

開始早々乱戦になりましたが、分断しつつ倒しました。
刀身は相変わらずのレーヴェベルクです。

○○○○おびき寄せ大作戦こと、「ダブル・デート」プリティヴィ・マータ、サリエル堕天戦。

最初にプリティヴィ・マータが出てきて、途中でサイゴートも2匹出てきましたが、それだけ。
サリエル堕天に到っては完全に単独戦となりました。

別々で出てきたので思ったより楽でした。

ミッション後、コウタが今度は第二次○○○○おびき寄せ大作戦を考えているようです。
こういうノリは好きですね。

なお、ネタバレ防止のため伏字にしました。

リトルバスターズ!第15話、「ムヒョッス、最高だぜ」を見ました。

今までで最もひどいサブタイトルだったと思います(笑)。

では第15話の感想を書いていこうと思います。


(以下、第15話&原作ネタバレ注意


[リトルバスターズ!第15話、感想]の続きを読む
「ドッグ・マインズ」クアドリガ堕天、セクメト戦、
そして「ファイアー・エンジン」グボロ・グボロ堕天、ボルグ・カムラン堕天戦をクリアしました。

どちらも分断して戦えたので無難にクリア出来ましたが、それよりもイベントですね。

重要イベントムービーで来ました。

どう足掻いてもネタバレになるので詳細は一切書けません


次の「コノ世ヲ蝕ムモノ」アマテラス戦ですが、これは少々手間取りました。

戦いの後で分かったことですが、弱点属性なんですね。
神属性が弱点だと思って刀身「レーヴェベルク」で挑んだので、かなり時間がかかりました。

一応11:47でクリアしましたが、その間、ほぼひっきりなしに攻撃。
いつまで続くんだろうと思っていたらようやく倒せた、という感じです。

戦いの後、アリサどん引きのコウタ発案の作戦が。
まあこれもネタバレ防止のため詳細は一切書けません

今後、イベントに関しては何も書けないですね、この様子だと。

「コヨーテの騎士」テスカトリポカ、シユウ堕天戦。
いきなり乱戦になりそうだったので2人vs1体になるよう分断して戦いました。

神属性の刀身(レーヴェベルク)を選んでおいたので、テスカトリポカをコウタと一緒に撃破。
あとは合流してシユウを倒しました。

分断すれば楽ですね。


「ダーティ・ボム」ヴァジュラ、ボルグ・カムラン堕天戦。
初めてレンを連れて行ってみましたが、集中していたからなのか、ボイスを聞かなかったような・・・。

まずボルグ・カムランから戦いました。
終盤でヴァジュラが乱入してきましたが、乱入してわりとすぐにボルグ・カムランを倒したので、わりと楽でした。
ちなみに刀身はブラッドサージでした。


「悪徳の終わり」サリエル、ディアウス・ピター戦。
刀身を火属性のアヴェンジャーにするか神属性のレーヴェベルクにするかで迷いましたが、アヴェンジャーにしました。

いきなり乱戦になりかけたので一旦引いて、サリエルをサクヤと二人で撃破。
アヴェンジャーだったのでわりとサックリ倒せました。

あとは合流してディアウス・ピターを倒しましたが、やはりアヴェンジャーだと弱点属性が違うので少し手間取りました。

ちなみにこのミッションでは、同行メンバーには配属されたばかりの新人フェデリコ君を連れて行きました。

新人にディアウス・ピターをぶつける先輩の私は鬼ですね(笑)。

とりあえず新規に追加されたフリーミッションはひとまずこれで終了


「偽の太陽」アルダノーヴァ戦。

相変わらず、これといった攻め手に欠けるものの何となく勝ててしまう敵、という印象です。

このミッションのあと、久し振りのイベントムービー、しかもわりと長めのものがありました。


(以下、難易度8ストーリーネタバレありのため注意


[ゴッドイーターバースト プレイ日記25 難易度8]の続きを読む
リトルバスターズ!第14話、「だからぼくは君に手をのばす」を見ました。

美魚回ラストでした。

では第14話の感想を書いていこうと思います。


(以下、第14話&原作ネタバレ注意


[リトルバスターズ!第14話、感想]の続きを読む
難易度8とはいえ、単体戦はやはり簡単です。

「トラツグミ」ヴァジュラ「吹雪の女王」プリティヴィ・マータ「帝王流離」ディアウス・ピター「高分子の眼」サリエル「黒曜の煙」テスカトリポカを、それぞれクリアしました。

問題は「ケルベロス」での、シユウ堕天、セクメト、ディアウス・ピターの、3体同時討伐ミッション。

二度とやりたくないミッションですね(苦笑)。

弱点属性が3体とも違う上に、見事に全員、チョロチョロちょろちょろアッチコッチあっちこっち跳ねたり飛んだりするタイプのアラガミなので、予想はしていましたが、もう、すっごい鬱陶しい

こっちに来るかと思って待ってたらなかなか来なかったり、仕方がないからこっちから突っ込んでいったらブーンと飛んで遥か後方へ。

弱点属性を攻める武器で一気に攻めて怯ませられればいいのですが、基本的に2体同時、時々3体同時なので、攻撃どころか回復するのも苦労する始末。

あー疲れた・・・。

ちなみにこの後やった、「スクリュー・ドライバー」でのコンゴウ堕天、ボルグ・カムラン堕天戦。
弱点属性が同じで分断も容易だったため、ほぼ単体戦と一緒(サイゴート堕天が1匹飛んでいましたが)ででした。

楽なミッションそうでないミッションの差が激しすぎますw

「タンドール」ハンニバル「闇の光芒」ウロヴォロス堕天「暗翼」シユウ「騎士と錆」ボルグ・カムラン堕天と、それぞれ戦いました。

いずれも単体戦。
ウロヴォロス堕天以外はこれまで戦ったことのあるアラガミですね。

どのミッションも、仲間のゴッドイーターからのお誘いという形なのが、何か意図があるのか。
何かのフラグ?

「暗翼」でのシユウ戦では、ミッション内容を見る限り堕天種も出てきそうだったのですが、結局シユウだけ。ザコ敵もいませんでした。
わりと平和?なストーリーミッションが続きましたが、特にイベントは発生せず。

「騎士と錆」のミッションをクリアしたところで、ようやく新規のフリーミッションが一気に追加されました。

そしてまた新たに新型クンが極東支部にやってくるようです。
そういえば新人のレンですが、今のところ目立った動きは全くなし。
データベースを見ても詳細不明で、かなり胡散臭いまま。

ところでこれらのミッションをクリアした後、アナグラではサカキ博士が作った「初恋ジュース」の被害が出ているんですが、これは何かのフラグでしょうか?
相変わらずこの人も胡散臭いままですw

「初恋ジュース」を飲まされたソーマのテンション、面白かったですw

「水と氷」 クアドリガ堕天、ボルグ・カムラン堕天戦。

開始早々2体が合流し乱戦に。
さすがに分が悪いので逃げる指示を出して自分も一旦逃げたのですが。

ずっっっっっっっっとこの2体が自分の後を追いかけてくる

もう、しつこいしつこい。
正直ちょっとイラっとするレベルです(苦笑)。

何とか2体を分断し、先にクアドリガ堕天から始末しました。
対照的な属性なので刀身選びで迷いましたが、火属性のアヴェンジャーを使用。

2体を引き離してからは楽でしたが、序盤の乱戦で無駄にアイテムを使ったのが納得いきませんw


続いて「講談社 常闇の主神」で、ゼウス戦。

私の苦手な飛ぶ系の敵ですが、無難に倒せました。

というかコクーンメイデンが邪魔でしたね、このミッション。
倒しておいてもいつの間にか湧いているという厄介さ。

まあクリアできたからいいかな。

リトルバスターズ!第13話、「終わりの始まる場所へ」を見ました。

リトルバスターズっぽくなってきましたね。

では第13話の感想を書いていこうと思います。


(以下、第13話&原作ネタバレ注意


[リトルバスターズ!第13話、感想]の続きを読む
「アンダーテイカー」で、コンゴウ、ハガンコンゴウ、サリエル堕天戦。

ザコはいませんが最初からコンゴウ、ハガンコンゴウとの乱戦になりました。
サリエルが混ざってこなくて良かったです。
サリエルは攻撃が厄介なので相変わらず苦手です。

ただ、一人でヴァジュラ4体同時ミッションをやったことを考えると、その半分の2体で、しかも仲間もいる状況。
精神的にはかなり楽でした。

といっても突っ込んでこられると厄介なので、スタングレネード、そして普段あまり使わないホールドトラップを使って動きを止めたりしましたが。

武器はブラッドサージ(雷・氷属性)でしたがハガンコンゴウ(弱点:神属性)にも攻撃が効いていましたね。
ビューグル砲(真)でコンボ攻撃していたのもありますが。

コンゴウ、ハガンコンゴウを倒した後、サリエル堕天が登場。
毒に侵されたりで相変わらず厄介な敵です。
コンゴウ、ハガンコンゴウ2体同時で戦ったときよりも回復アイテムを沢山使いました。

何か上手い倒し方は無いもんだろうか。

飛んでる系の敵は、上手く行くときと行かないときとの、差が激しい。
防御のタイミングをよく間違えてしまうのが理由ですが。

難易度8は無視して、残りの難易度7のフリーミッションを片付けます。
特に語ることも無いのでダイジェストで。(笑)

「裸の王様」、「氷点都市」ですが、2つとも単体なのであっさりクリア。
そしてクリアした後、「ビューグル砲 真」を新たに合成しました。

これは強力ですね。

その後もボス単独戦のミッションを1つずつクリアし、残る単独戦は「講談社 常闇の主神」でのゼウスだけになりましたが、一旦置いておいて、先に「アリゲーター・ハンター」グボロ・グボロ堕天2匹を討伐。

氷弱点の堕天なのか火弱点の堕天なのか分かりかねましたが、戦いの舞台から恐らく火弱点の堕天だろうと判断。
結果、見事に予想的中、2匹とも火弱点のグボロ・グボロ堕天でした。
サイゴートが少し邪魔でしたが、あっさりクリア。

グボロ・グボロ堕天で得られる素材を集めるには、このミッションはいいかもしれません。


「未来ヲ蝕ムモノ」で、スサノオ戦。
前に戦ったことがあるので特に気負うことなく戦いに行ったら。

初の全員HP0でリスポーンという屈辱を味わいました。

尻尾回転攻撃で全員同時にオチるという、ある意味神懸り的な負け方。

くっそーw

ミッションクリア後、新たな衣服が追加されました。
メールによると、男性用「武者鎧」と女性用「くノ一」は、サカキ博士考案のこだわりの衣装だそうで、サカキ博士何してんすかw
しかも「くノ一」、露出度高し。

そしてストーリーミッションをクリアしたものの特にイベントも発生せず、しれっと難易度8が来ました。
2回目のハンニバル戦ですね。

今度は今回みたいなことにならないよう、注意します(笑)。

「第5元素」にて、アイテール戦。

サリエルの亜種ですが、やや時間がかかりました。
あとでデータベースで確認すると、弱点が神属性。

火属性が弱点だと勘違いしていたので、どうりで攻撃が通りにくいはずです。
まあゴリ押しましたがw

クリアした後、フリーミッションが一気に9つ追加されました。
見たところ少し厄介そうなものがありますが、まあ大丈夫でしょう。

そしてストーリーミッションには再びスサノオ戦が。

まあ大丈夫でしょう(笑)。

「ファミ通 黒炎の女神」ヘラ戦。
シユウの亜種ですね。

神属性の武器を持って行きましたがどうやら弱点はそうではなかったようで、攻撃がとにかく弾かれるなどでかなり苦戦しました。
地味にザコキャラもいましたしね。

やはり弱点は氷かな?

続いて「雷神の饗宴」ヴァジュラ4体同時ミッションもやりました。

何故か仲間を誘えず、一人で戦うこのミッション。
ゴッドイーターバーストで初めて、これは無理!と思いました。

2オチしましたが、なんとかそれまで敵に与えていたダメージが蓄積していたおかげで、そこから一気に4体を潰しました。

結果的に10:41でクリアできましたが、無茶苦茶なミッションですね・・・。
下手にロックオンすると逆に戦えないし、死角からヴァジュラが突っ込んでくる、雷球が飛んでくる、とにかく無茶苦茶でした。

つ、疲れた・・・。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。