パワプロの応援曲を作ったりライトボウガンで狩りに行ったりの劇ゆる変則ゲーマーまったりマイペースブログ。

2012/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312012/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プレイ開始から約7時間

主人公のタイプをハンターからフォースに変更してから、ようやく、初めて、このゲームがちょっと面白く感じられるようになってきました

長い道のりでしたが、我慢してプレイし続けてきた甲斐がありましたw

とは言うものの、劇的に状況が変わったわけではありません。
フォースになっても戦闘は相変わらずほぼゴリ押しに近いまま。

しかし、武器の違いで戦いが予想以上に変わる(敵をすぐに倒せるようになる)ことが段々分かってきて、それが、ちょっと楽しいなと感じるポイントの1つになっています。

ストーリーのほうもそれなりに進んでいて、ちょっと先が気になる展開になってきたのも面白さを感じるようになってきた要素の1つでしょう。

ま~今までがつまらなさ過ぎただけとも言える気がしますがw

ゲームのシステムや楽しみ方にもようやく慣れてきたので、多分、最後までプレイできると思います。
あとはこの発言が余計なフラグにならないことを祈るだけですね(笑)。

スポンサーサイト
6時間ほどプレイしました。


ゲームの面白さがまだ分かりません(笑)。


あっれー? ドシテカナー。


ゴッドイーターバーストは大体このぐらいのプレイ時間で面白さが分かってきたのですけどね。

ファンタシースターポータブルは基本、ゴリ押しで勝てる(序盤だけかもしれませんが)ため、どんな敵と戦っても戦い方が同じになるのが、面白さを感じない原因の1つかもしれません。

ただ大きなハエみたいなボス戦はゴリ押しでは無理だったので、かなり苦戦しました。
空を飛ぶので射撃系の武器で攻撃するのですが、なぜか当たらないという。

モンハンではガンナーだった私からすると、とてもストレスの溜まる戦いでした。

煮え切らないままですが、とりあえずゲームを進めます。

連れて行く仲間がお馬鹿すぎて困っています。

戦闘中、ぞろぞろ後をついてくるだけというか、敵が目の前にいても攻撃しなかったり、挟み撃ちしようと提案してくるわりに当の本人は挟み撃ちをしようとしなかったり。

挙句の果てに、障害物の端っこに引っ掛かって後をついてくることすら出来なかったり

ゴッドイーターバースト(の体験版)での仲間の動きと比べると、恐ろしいほどの差があります。
同じ時代のゲームとはとても思えないぐらい。

ストレス溜まりますね~(笑)。

とりあえずもう少しゲームを進めてみることにします。

レベルを上げて物理で殴る

戦闘は完全にこの状態です。

モンハンやゴッドイーターと比べるべきではないと思いますが、爽快感がありません。

正直な話、今のところあまり面白いとは思えないですねw

最後まで心折れずにプレイできるか、少し不安です。

ストーリー自体は面白そうなのですけど。

今更ですけど、ファンタシースターポータブルをプレイすることにしました。

かなり前にベスト版を価格に釣られて(確か900円ぐらいだった)買っていたのですが、すっかり忘れていて、ゴッドイーターバーストの体験版をしていて唐突に思い出しました。

ファンタシースターポータブルの体験版は数年前にプレイ済みで、レベル20のデータを引き継げるのですが、ストーリーの内容もゲームのシステムそのものもすっかり忘れてしまっているので1からやり直すことに。

ゴッドイーターのスピード感あふれるアクションに慣れてしまっているせいか、ファンタシースターの戦闘が恐ろしく遅く、まったりと感じられますw

慣れるのに時間がかかりそうですね。

ゴッドイーターバースト(以下GEB)の体験版、ずっとプレイしています。

キャラ作成のときに行うボイス選択ですが、ボイスには「性格」も付与されているらしく、それに気付いてからは声を色々変えて遊んでいます。
途中でボイス変更は出来ないので新しくキャラを作り直す必要はありますが。

ちなみに私が最初に設定したボイスは17番目でしたが、それが野中藍さんだとは全く気付きませんでした。
つい最近までまどポをやりまくっていたので気付きそうなもの(杏子の中の人なので)ですが、口調と声色を変えているせいで判りませんでした。

やはりプロって凄いものですね。

色々試してみましたが、14番目のボイスはなかなか面白いですね。
語尾が「~じゃ」

アニメで出てくる昔の日本のお姫様や巫女さんなどで時々語尾が「~じゃ」というのがありますが、ものすごく和風な感じがして結構お気に入りです。

ちなみにこの14番目ボイスで作ったキャラ、名前は「仏陀」で登録しています。
なんかもう、色々突っ込みどころ満載ですw

ようやく接近戦に慣れてきましたが(モンハンではライトボウガン一筋だった)、距離感をまだ誤りますね。
届くと思って攻撃したら当たらないことがよくあります。

そして防御が相変わらず下手。
それでも敵の攻撃をかなり防げるようになりましたが。

体験版でこんなに遊んだのは初めてでしょうね。

ううむ、これはやはり製品版を買ってプレイすべきか。

まどポ、売って来ました。
まだ結構よい値段で売れるので、売値が崩れる前に売ってしまおうと。

最近ではただ廉価版を出すのではなく、少し内容をプラスしたり改善したものを廉価版として売り出す場合があるので、もしそういうのが出たらまどポ、また買うかもしれませんね。

かなり「否」の意見の多かった賛否両論のゲームでしたが、個人的にはとても楽しめました。

買ったときの値段から売ったときの値段を引くと1700円
約2ヶ月間、1700円でかなり遊べた計算になります。

ゲーセンで遊ぶことを考えるとかなりリーズナブルな気がしますねw


まどポをプレイした影響で、改めてアニメで使用された各曲を聴いてみたりしました。
やはり営業のテーママミさんのテーマ秀逸ですね。

マミさんのテーマは魔法少女の光の部分を、営業のテーマは魔法少女の影の部分を、それぞれ表しているように思います。

やっぱりこの2曲だけでもいいので、ゲームで流れて欲しかったですね。


ゴッドイーターバースト(以下GEB)の体験版をここ最近ずっとプレイしていました。

今更すぎますけど。(笑)

体験版のDLはずっと前にしていてプレイもしていたのですが、そのときはそれほど面白いとは思わず、ちょっとプレイしただけで放置していました。

パワポタばっかりプレイってのも・・・何かの体験版でもやるかな。
と目をつけたのがGEB。

その場の勢いで「ニャルラトホテプ」と名前をつけてゲームスタート。

何年か経ったときにこの名前を見てどう思うかはさておき(笑)、5時間ぐらいプレイしてようやく面白さがわかってきました。

モンハンのほうが性に合っていると思っていましたが、これはこれでなかなか、と感じるのに5時間もかかるってどうなんだろう。

モンハンではライトボウガン一筋でほぼ狙撃兵のような狩猟生活でしたが、GEBでは剣の操作がどうしても必要。

敵の攻撃が届かない距離からうへへとあざ笑うように弾を撃ち込んで仕留めるのが好きな私にとって、敵の間合いに飛び込むのには妙な抵抗感がありました。

接近戦の操作になかなか慣れることが出来ず、最初の頃は敵に殴られに行っている様な感じで面白くありませんでしたが、さすがに何時間もプレイしているとコツが掴めてくるようで、ダッシュで間合いをつめる、斬る、ダッシュで離れる、をある程度思い通りに出来るようになってからは面白さを感じるようになりました。

一方、遠距離攻撃(狙撃)はすぐに慣れましたね。
モンハンと比べ正確に狙わないと当たらない気がしますが、雰囲気は似たようなものです。

結構プレイしましたが、防御が苦手です。
モンハンでも防御なんてほぼしたことがないので、こればかりはなかなか慣れませんね。

あとプレイしていて思ったのは、一緒に連れて行く仲間がなかなか賢いこと。
ちゃんと助けてくれますし、ちゃんと攻撃もしてくれます。

連れて行くと邪魔で逆に難易度が上がるなんてことはありません。
これは感心しました。

体験版でプレイできるミッションは一応全てクリア。

・・・製品版、買おうかしら。

パワフルプロ野球ポータブルの応援曲パスワード公開、第41弾。

今回は、魔法少女まどか☆マギカ ポータブルより、「Justitia - Materia Sayakae -」

マップ画面で流れる曲です。
ゲーム中、おそらく一番耳にする曲でしょう。
シナリオ上、深刻な事態になった直後にマップ画面に戻るとこの曲が場違いな雰囲気で流れますね。(笑)

曲の一番最初の部分を応援曲にしました。
仕上がりはやや単調ですが、悪くはないと思います。


※パスに間違いがあった場合はコメントでお知らせ下さい。
※音程がアヤシイ部分に関してはノーコメントでお願いしますw
※転載はご遠慮下さいね~。
※リクエストはお受けできません~。



↓↓↓ 以下、パスワード ↓↓↓

[パワポタ3応援曲 魔法少女まどか☆マギカ ポータブル、Justitia - Materia Sayakae -]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。