パワプロの応援曲を作ったりライトボウガンで狩りに行ったりの劇ゆる変則ゲーマーまったりマイペースブログ。

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※本編ネタバレなし

ここ最近は専らダンガンロンパをプレイしていますが、面白いですね。

学級裁判(推理パート)の部分もプレイしました。

先にプレイしていた体験版と展開が違う部分などありましたが、操作方法に関しては同じでした。

そして学級裁判を終えての感想は、「ゴール(犯人特定)まで意外と時間がかかる」ということですね。

ただ、面白いので時間がかかっていることには気付きません。

というか推理に集中するのでそんな余裕がありませんw

そういう意味では、「気が付いたら時間がかかっていた」と言ったほうが正しいかもしれませんね。

ボイスも飛ばさずきちんと聞いているので、それも原因でしょう。

操作方法を確認しつつの初回プレイでもありますしね。

一番最初の事件の解決まで、1時間40分~2時間ほどかかったような気がします。

プレイ後、部屋の時計を見てビックリしました。(笑)

経過時間に注意しつつ、楽しくプレイしていこうと思います。


スポンサーサイト
※本編のネタバレはありません。

体験版をプレイしているといいことがある―


という情報をゲームプレイ前にたまたまゲットしたので、先に体験版をDL、プレイし終えてから、改めて先日購入した製品版をプレイし始めました。

確かに、体験版の本編で“各所をあちこち調べた上で”最後までプレイし、それから製品版をプレイすべきですね~。

どんないいことがあるかはネタバレ防止のため言いませんがw

ゲームをプレイしてまだ数時間ですが、一言で感想を言うと「スタイリッシュ」でしょうか。

推理アドベンチャー系のゲーム(公式では「ハイスピード推理アクション」)は、あちこち移動する、あちこち調べる、色々な人と話す、これらが淡々と繰り返される、そんな地味で作業的な印象があって今まで敬遠してきたのですが、このゲームではプレイヤーを飽きさせない工夫が随所に見られて、それが好印象です。

このゲームでは、部屋等に入るたびに内装が構築される簡単なモーションがありますが、意外とこれが見た目にも飽きさせない要素になっていると思います。
2.5Dモーショングラフィックとは上手いこと考えたものです。

会話でも、単に選択肢を選ぶのではなくリアクションをする(話し相手のとあるフレーズに突っ込みを入れる)仕様のため、主人公(プレイヤー)がひたすら相手の話を聞くという感じではないというのも、私の目には新鮮でした。

裁判パート(これはまだ体験版でプレイしただけですが)では、リズムに合わせてボタンを押す、照準を合わせてダンガンを発射するなど、説明を聞いている限りではとても推理系のゲームとは思えない仕様になっていて、とにかく随所に工夫が施されている印象です。

システム周りも優秀で、ゲーム中はロードらしいロードがほとんどありません。(PSP-1000、インストール機能有効)
非常に快適です。

また音楽がいいですね。
ゲームをプレイしてまだ数時間ですが、満足度は高いです。

引き続きゲームを楽しもうと思います。


予約していた『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 超高校級の限定BOX』が無事、手に入りました。

本編のレビューは遊び終えてからにするとして、今回は限定BOXに同梱されているモノについての簡単な感想を述べることにします。

まず同梱の「モノクマBigストラップ」は、思っていたより小さい印象でしたがストラップとして考えると確かに“Big”ですねw
ちょうど掌に納まる感じ、PSPの液晶画面ぐらいのサイズです。

1年前の予約特典版ではボイスの種類は2つだったようですが、今度のは大幅に増えていて種類は大体8つぐらいでしょうか。

どう聞いても秘密道具を出しているようにしか聞こえないボイスがある(笑)など、色々ニヤニヤとしてしまいますw

モノクマの後ろにはチャックが付いていて、そこを開ければ電池交換が出来るようになっていますが、硬くて開けづらいのが少し難点。
そして開けたら開けたで今度は閉めるのも硬いので、電池交換以外でむやみには開けないほうが良さそうです。

これについては個体差があるかもしれませんね。

CD、DVDはネタバレになるらしいので、ネタバレにならないよう、CDはゲームタイトルBGMを1曲だけ、DVDはWEB公開CMだけを見ました。
早くキャストのコメントやドラマCDを聞きたいですが、我慢ガマン。
ちなみにキャラコメの1番手はCDもDVDも大山のぶ代さんです。(笑)

DVDは、オープニング&PV集、おしおきムービー集、ウェブCM、キャストコメントと、かなり富んだ内容。

ソフトのみ版と比べると2000円ほど高い価格ですが、十分その価値はあると感じました。
声優陣がとても豪華ということも考慮すると、むしろ2000円は安いかも。

PSPソフトのみにするか限定BOXにするかどうかで迷ったのですが、個人的には限定BOX版で良かったと思いました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。