パワプロの応援曲を作ったりライトボウガンで狩りに行ったりの劇ゆる変則ゲーマーまったりマイペースブログ。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3DSLLを購入して約2週間、色々してみたのでレビューとしてまとめてみます。
ま~3DSLLのレビューなんて今更感が満載ですが(苦笑)、そこは気にしないで下さい。

まず結論から言うと、『とても良い』です。

3DSLLを買うまでは『DSi』と『PSP』を持っていましたが、個人的にはPSPの圧勝でした。
ゲーム機はソフト次第だとはいえ、やはりゲーム機自体の性能もそれなりによくないと~、というのも事実。

特に画面については、それなりに綺麗な画面でやっぱりプレイしたい。

その点PSPは私の基準をクリアする画面でした。
それなりに綺麗で画面も大きい。
対してDSiは・・・。まあ言うまでもないでしょう。

しかし『3DSLL』はそれなりに画面が綺麗で、何よりLLなので大きい。
これだけのことですが、これだけのことで満足度が予想以上に高いです。

特にLLは画面が大きいので3Dがとても見やすい。
3Dを楽しむにはこれぐらいのサイズの画面が丁度いいのかも。
ノーマルサイズのニンテンドー3DSだと、3Dの良さは味わいにくいかもしれません。

内蔵のソフトは、3D画面をちょっと体験してみるのに向いていますね。
別にすごく面白いわけではないですが、決してつまらなくもない。
おおー、なるほどー、という感じでした。
そしてそれ以上の感想はありません(笑)。

カメラは、3D映像が撮影できる点を除けばただの普通のカメラです。
まあこんなものでしょう。

概ね良い感じなのですが、難を挙げると、やはり重さですね。

タッチペンを頻繁に使うゲームをプレイする場合、片手持ちになる瞬間が度々発生することになりますが、片手で持つにはやはり重いです。
本体を持っているほうの手の親指の付け根あたりが特に疲れます。

両手で持っている分にはいいですが、片手はきつい。
長時間だらだらプレイしなくなるので目にはいいと前向きに捉えるのが吉でしょうかw

前機種『DSi』は個人的に中途半端な機種でしたが、『3DSLL』はかなり完成度が高いと思います。

スポンサーサイト
ご無沙汰しています。
ここ最近、昔プレイしたゲームを改めて色々プレイしていましたが、あまりにも色んなゲームをちょこちょこしていたので記事にしづらく、更新できませんでしたw

色々プレイしたゲームの中で、一番古いものだとバーンアウトレジェンドですね。

市街地などを猛スピードで走るレースゲームで、ライバル車を体当たりで弾き飛ばしたり、一般者に突っ込んで大惨事を起こしたり、何らかの犯罪を犯して逃走する犯人をパトカーで追突してボコボコにしたりという、一言で言うとお馬鹿ゲーです。

いかにもアメリカンなロック調のBGMが流れる中、画面の中はただただ事故ですw
久し振りにやると面白いですね。

その前にしばらくプレイしていた勇者のくせになまいきだor2は、ドラゴンじゃないとどうしてもクリアできませんでした。

ヒドラも作ったりしましたが、ダンジョンの形や本体の位置次第では苦労して作ったわりにあまり役に立たなかったりするので、やっぱりしんりゅう(+カオスドラゴン)が鉄板ですね。

そんなこんなで現在、初音ミク・プロジェクトDIVA2ndを集中的にプレイ中。
とりあえずノーマルモードの全曲パーフェクトを目指しています。

あと5曲で達成ですが、最後の曲は自信ないですねぇ~w

最近すっかり更新頻度が下がっていますが、ゲーム(インテリジェントライセンス2)はしています。

ずーっとプレイしていますが、日記の書きようが無いパズルゲームなので更新できないだけです(笑)。

現在100問中60問はクリアしましたが、何年も前にプレイして、見覚えも解いた覚えもあるけど解き方を忘れている問題が後半になるにつれ多くなってきました。

解ける問題はサックリアッサリ解けるのですが、解けない問題はそれだけで何日もかかってしまいますね。

パワポタはあの件ですっかりプレイしなくなりましたが、そのうちまた応援曲を作ると思います。
近いうちに夏アニメが開始されますしね。

気に入った曲があればまた作ってみようと思います。

パワポタ3のデータが飛んだことで下がったテンションがやや戻ってきたので、久し振りにゲームをプレイしました。

んで、ここ最近プレイしていなかったパズルゲームが気分転換にはいいだろうと思い、『勇者のくせになまいきだor2』を超久し振りにプレイしてみました。

が、驚くほど「破壊神」としてのレベルが落ちており、ステージ1-2で早々に魔王様が捕まってしまいゲームオーバー。

ドラゴン祭りをしていたころが懐かしい・・・。

テンションがまた下がりそうになったので(笑)、『インテリジェント・ライセンス2』にゲームを変更。
インテリ2は、改めてプレイしてみるとやはり良いゲームだなと思いました。

何年も前にプレイして以来なので、解法はすっかり忘れてしまっており、ある意味、新作問題を解いている状態ですw
なかなか解法が分からなかった問題が解けたときの「よっしゃ!」感が心地よく、また懐かしくもありました。

たまにはパズル、いいかも。

ゴッドイーターバースト(以下GEB)の体験版、ずっとプレイしています。

キャラ作成のときに行うボイス選択ですが、ボイスには「性格」も付与されているらしく、それに気付いてからは声を色々変えて遊んでいます。
途中でボイス変更は出来ないので新しくキャラを作り直す必要はありますが。

ちなみに私が最初に設定したボイスは17番目でしたが、それが野中藍さんだとは全く気付きませんでした。
つい最近までまどポをやりまくっていたので気付きそうなもの(杏子の中の人なので)ですが、口調と声色を変えているせいで判りませんでした。

やはりプロって凄いものですね。

色々試してみましたが、14番目のボイスはなかなか面白いですね。
語尾が「~じゃ」

アニメで出てくる昔の日本のお姫様や巫女さんなどで時々語尾が「~じゃ」というのがありますが、ものすごく和風な感じがして結構お気に入りです。

ちなみにこの14番目ボイスで作ったキャラ、名前は「仏陀」で登録しています。
なんかもう、色々突っ込みどころ満載ですw

ようやく接近戦に慣れてきましたが(モンハンではライトボウガン一筋だった)、距離感をまだ誤りますね。
届くと思って攻撃したら当たらないことがよくあります。

そして防御が相変わらず下手。
それでも敵の攻撃をかなり防げるようになりましたが。

体験版でこんなに遊んだのは初めてでしょうね。

ううむ、これはやはり製品版を買ってプレイすべきか。

ゴッドイーターバースト(以下GEB)の体験版をここ最近ずっとプレイしていました。

今更すぎますけど。(笑)

体験版のDLはずっと前にしていてプレイもしていたのですが、そのときはそれほど面白いとは思わず、ちょっとプレイしただけで放置していました。

パワポタばっかりプレイってのも・・・何かの体験版でもやるかな。
と目をつけたのがGEB。

その場の勢いで「ニャルラトホテプ」と名前をつけてゲームスタート。

何年か経ったときにこの名前を見てどう思うかはさておき(笑)、5時間ぐらいプレイしてようやく面白さがわかってきました。

モンハンのほうが性に合っていると思っていましたが、これはこれでなかなか、と感じるのに5時間もかかるってどうなんだろう。

モンハンではライトボウガン一筋でほぼ狙撃兵のような狩猟生活でしたが、GEBでは剣の操作がどうしても必要。

敵の攻撃が届かない距離からうへへとあざ笑うように弾を撃ち込んで仕留めるのが好きな私にとって、敵の間合いに飛び込むのには妙な抵抗感がありました。

接近戦の操作になかなか慣れることが出来ず、最初の頃は敵に殴られに行っている様な感じで面白くありませんでしたが、さすがに何時間もプレイしているとコツが掴めてくるようで、ダッシュで間合いをつめる、斬る、ダッシュで離れる、をある程度思い通りに出来るようになってからは面白さを感じるようになりました。

一方、遠距離攻撃(狙撃)はすぐに慣れましたね。
モンハンと比べ正確に狙わないと当たらない気がしますが、雰囲気は似たようなものです。

結構プレイしましたが、防御が苦手です。
モンハンでも防御なんてほぼしたことがないので、こればかりはなかなか慣れませんね。

あとプレイしていて思ったのは、一緒に連れて行く仲間がなかなか賢いこと。
ちゃんと助けてくれますし、ちゃんと攻撃もしてくれます。

連れて行くと邪魔で逆に難易度が上がるなんてことはありません。
これは感心しました。

体験版でプレイできるミッションは一応全てクリア。

・・・製品版、買おうかしら。

バンダイナムコライブTVでのまどマギポータブル特集、見ました。
番組の流れはざっとこんな感じでしたよ。


(以下、番組のネタバレあり)


[まどマギポータブル特集、見ました]の続きを読む
新年明けましておめでとうございます。
今年も緩~くゲームをしてそれなり~にブログを更新していくのでよろしくお願いします。

先日、PSvitaを初めて触れる機会があり、ちょっとだけですがプレイしてきました。

実機を見て、そして持っての感想ですが、画面の綺麗さはPSPとは比べ物にならないですね。
すごく綺麗です。
クッキリしている、そういう印象を受けました。

まあそれまで遊んだ人の指紋、油がビッタリ付いていて、それに関しては綺麗とは言えませんでしたが。(笑)

タッチパネルなのである程度画面が汚れるのは仕方がないでしょうが、遊び終えた後は必ず画面を拭くなどしないと駄目でしょうね。

ボタンは、小さいわりに意外と押しやすい、という印象です。
長時間、試遊していないので断言できませんが、普通にプレイするぶんには問題ないかと思います。

音質に着いては周りが騒々しかったため全然聞こえませんでした。
よって評価はできません。

あと、やっぱり持ったとき、ずっしりした感じがありますね。
ちょっと重い
持ち慣れた重さというか。(笑)

PSP-1000を普段使用している私はともかく、軽量化されたPSP-2000または3000を使っている人からすると、随分重さを感じるのではないでしょうか。
もう少し軽いほうがいいですね。

ということでPSvita、もし買うとすれば、出来れば軽量化モデルが欲しいです。
PSPでは初期型の1000シリーズで今までずっと頑張っているだけに、vitaは軽量化モデルがいいなと。

それにしても今使っているPSP-1000、約5年使っていますが、壊れないですね~。
PSP-3000は前々から欲しいのですが、PSP-1000が動いてくれているので買っていません。

壊れてしまったのなら躊躇無くPSP-3000を買うのですが、壊れない以上はやっぱり大事に使っていきたいですからね。

そうこうしている間にPSP-4000が出たら、それ狙いになりますがw


以前から公開中のポタ2版または2010版の応援曲で、拍手ボタンがポチられた回数の多かったものをパワポタ3用にリメイクしてきましたが、前回の更新でベスト10が揃ったので発表しておきます。

拍手ボタンのポチられ回数ベスト10の応援曲(2011年12月16日現在)は次の通りでした。

10位
 リンクの冒険、『大神殿ステージBGM』
 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序、『Beautiful World』
 ゼビウス、『ステージBGM』

7位
 リトルバスターズ!、『RING RING RING!』
 ドラクエ3、『勇者の挑戦』
 機動戦士ガンダムSEED、『暁の車』

4位 魔女の宅急便、『海の見える街』

3位 リトルバスターズ!、『えきぞちっく・といぼっくす』

2位 けいおん!、『Don't Say “lazy”』

1位 けいおん!、『Cagayake!GIRLS』


けいおん!の1・2フィニッシュが目を引きます。

リトバスはクド人気もあるのでしょうね。

今月発売予定の『初音ミク -Project DIVA- extend』体験版を、今更ですがプレイしてみました。

PV風の画面をバックに、流れてくる○や×などの記号に合わせてタイミング良く該当のキーを押す音ゲー(公式ではリズムアクション)ですが、よく出来ていますね。

体験版とはいえ、しっかり遊べます

本作を買う予定はありませんが、代わりに来月発売予定の『初音ミク -Project DIVA- 2nd』のベスト版は、買おうかなと思っています。

いつも通り、なんだかんだで買わないかもしれませんが。

パワプロの応援曲を作っているものの、この手のゲーム(リズム感)には自信がなかったりします。(笑)

太鼓の達人なども、「そこまでして太鼓たたこうとは思わないな~」という理由で手を出していませんしw

焦る必要は無いので、買うかどうかはゆっくり考えることにします。

ニンテンドー3DSが今日から15000円になりました。

どうやら売れているようですね。

発売開始時点で19800円だったならまだもっと売れていたように思います。


さて、ここしばらくは『初音ミク -Project DIVA- 2nd』の体験版をずっとしていました。

かなり今更ですが、面白いゲームですね。

何となくDLしてみたらとても面白かったという。

ブログの更新そっちのけでずっと遊んでしまいました。(笑)

11月に発売される予定の『初音ミク -Project DIVA- extend』が少し気になっています。

どうしようかな。


PSP用に8GBのメモリースティックを買いました。
メディアインストールが当たり前になった今日、2GBのメモステで騙し騙しゲームしてきましたが、これでかなり容量に余裕が生まれました。
こっちのインストールデータは削除してこっちのインストールデータは残して、この体験版は削除してこの体験版は残して、みたいなことをしなくてよいのはいいですねw

そして、期限明日までとなった、例のお詫びパッケージのDLを済ませておきました。
結局DLしたのはパタポン2ロコロコ・ミッドナイトカーニバル

内容的にいまいち納得いかないお詫びパッケージですが、まぁそれはそれ。

ロコロコは体験版でしかやったことありませんが、プレイしていると体が傾きます。(笑)
人前ではちょっと恥ずかしいかもw

パタポン2も、以前に体験版をやっていたので勝手はしっていましたが、改めてやってみるとかなり独特のゲームですね。
気分転換にやるとよい感じのゲームですが、終盤難しそうな気もします。


PSP版パワプロ2011の発売後、その評判をネットで集めていました。
買おうかどうか迷っていましたが、私の場合はスルーして正解だったようです。

まさか2011では応援曲の作成が廃止されているとは・・・。

私としてはこれだけでも買わなくてよかったと思える十分な理由になっています。
応援曲はパワプロの醍醐味の1つだと思うのですが、世間一般ではそうではないのでしょうか。
確かに応援曲を自作しない人にとっては、無駄な機能ですからね・・・。

廃止されたのは応援曲以外にも、ポタカ、段位認定、つなゲートなどがあります。
ポタカ集めは結構楽しかったので廃止はちょっと残念。
つなゲートも然り。

段位認定の廃止は、これは納得ですね。
パワポタ2では段位100万段まで行きましたが、とてもではないですがその上の1000万段まで行こうとは思えませんでした。
ましてや1億段など問題外。何十年かかることか。

段位認定は、これ自体に問題があるというより段のケタに問題があったと言えるでしょう。
100万段丁度でカンスト(ゴール)するという仕様なら、やりがいもあるのでしょうが。

あと細かいところでは、ハイライトリプレイ廃止らしいですね。
ゲームに直接関係はありませんが、ちょっとこれは地味に嫌ですね。
試合を決定付ける一打とか、もう一度見たいのが人情だと思うのですが。


さて、肝心のゲームの出来についてですが、打高投低がかなり凄いらしいですね。
ポテンヒットホームランがかなり多く出るとのこと。
“飛ばないボール”は一切反映されていないようです。
とにかく、パワーが無くても飛ぶらしい。

また、外野が広く内野は狭いという声も少し見かけました。
これがポテンヒット量産に拍車をかけているようです。

モード別ではペナント、マイライフ評価がよくないようです。
マイライフに関しては、全くの新規で新鮮味がある点以外は「悪い」と言ったほうが正確かもしれません。

イベントがあまり起こらないこと、
早送りに時間がかかる(テンポが悪すぎてもっさり)こと、
前作で出来たことが出来なくなっている(電話や趣味、交流も無ければ、契約更改での「交渉」もない)こと、
この3つがマイライフの評価を大きく下げているようです。

その反動?なのか、逆にサクセス概ね好評みたいですね。
サクセスは短いながらもイベントが多く、選手をサクサク作ることが出来るようです。
ただ、HR量産仕様のせいで、投手は厳しいようですが。
また活躍しても思ったような結果が得られないなど、展開や評価が理不尽で、運の要素が割りと大きかったりもするようです。
何より高評価なのは今回から採用されたキャラメイク
パーツも豊富でとても愛着が湧くため、楽しいようです。

とまぁ、私が調べた限りではこんな感じです。
選手名の収録音声に関しては今のところほとんど情報は得られませんでした。
まぁ可もなく不可もなく、といったところでしょうか。
少なくとも2010年版のような残念仕様ではなさそうです。


・・・ということで、私が集めたPSP版パワプロ2011に関するネット上での感想はこんな感じでした。
あちらが立てばこちらが立たぬというか、一長一短アリ、ですね。

評判がよければ買う予定でしたが、スルーですね、今回は。
個人的には応援曲作成が無い時点で致命的でしたが。(笑)


2010年版はもう売ってしまったので今パワポタ2で遊んでいますが、パワポタ3か4を中古で手に入れようかどうか考え中だったりします。

『planetarian ちいさなほしのゆめ』、チャリティー版のプレイを終えました。

いや~、短かったですねぇ。(笑)

短編だとは聞いていましたが本当に短編でした。
もう少し長くてもよかったように思いました。

物語がああいう終わり方(ネタバレ防止のため具体的なことは伏せます)だったので、EDを見終えた後、ifの世界を色々と想像してしまいたくなる作品ですね。

短いながらもストーリーはいいので基本的に高評価の本作品ですが、評価の中には価格の安さも多分に含まれていると考えたほうがよいでしょう。

そのため、これをプレミア価格で買うのは個人的には酔狂だと思います。

一時期、ネットで価格が高騰した時期がありましたが、そんな値段で買ってしまったらED後に満足感は得られないでしょう。

何はともあれ、チャリティーにも参加できたことも含めて、良い作品でした。


本日のお買い物、ということで、
ベストセレクション(廉価版)になっていた『パワプロクンポケット12(DS)』と、『ときめきメモリアル4(PSP)』を買いました。

どちらのシリーズも今までプレイしたことが無かったのですが、価格がお手ごろになっていたので、思い切って購入してみました。

レビューを見てもなかなかの評判のようですしね。


(以下、ときメモ4の序盤のネタバレ注意)


[Key作品をプレイしていたからこそ]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。