パワプロの応援曲を作ったりライトボウガンで狩りに行ったりの劇ゆる変則ゲーマーまったりマイペースブログ。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年内はないだろうと思っていた新型ニンテンドーDSiが11月に発売のニュースが流れ、驚き、価格が据え置きでなくアップしたことに更に驚いた(笑)昨日、THポータブル最後のルートを終わらせました。

委員長、マルチ、綾香、琴音、あかりも既にクリアしていたので、これでCGもフルコンプ。

TH2もクリア済みなので、ToHeart2ポータブルWパック、これにて終了。

やはり2つゲームがあったので、かなり長く遊んだような気がします。

シナリオはTH2より初代THのほうが基本的に好きですね。
ゲーム的にもミニゲームなど、完成度は初代のほうが良いと思います。

さて、ToHeart2ポータブルWパック、全てを終えての感想を少ししてみます。


【在庫あり!】PSPソフトToHeart2 ポータブルWパック/予約特典付き トゥハート2PORTABLE PSP用東鳩2TH2

【在庫あり!】PSPソフトToHeart2 ポータブルWパック/予約特典付き トゥハート2PORTABLE PSP用東鳩2TH2



(以下、感想)

[THポータブル、オールクリア]の続きを読む
スポンサーサイト
志保ルートクリアしました。

今までにクリアしたルートと比べてシナリオが少し長かったような気がしました。
そして最初から最後まで彼女はうるさかったですw

キャラ的にもシナリオのオチ的にも好き嫌いが分かれるでしょうね。
私の感想ですが、可もなく不可もなく。悪くは無いけど・・・う~ん。

そして途中、とあるイベントで、一部の音声がズレまくってるバグがありました。

A、B、C、D、Eと続くセリフがあったとして、Cのセリフが表示されているときにAのボイスが流れ、Dのセリフが表示されているときにはBのボイスが流れる、といった感じです。

話が進んでいるのに再生されるボイスが少し前に表示されたテキストのものなんですね。

せっかくのイベントシーンなのにこれは残念でした。
PCなら修正ファイルがあるのでしょうけど・・・。

気を取り直して、次は委員長ルートに行こうかと思います。

レミィルート、先輩ルートの2つをクリアしました。
どちらのルートもサブキャラが無駄に熱い(暑い)シナリオでしたね。

主人公を除いてフルボイス仕様とは思えないぐらい、先輩は声を発しませんでしたw

またレミィは最後のほうになると声(CV)に違和感を感じなくなりました。
むしろしっくり耳に馴染むようになったぐらいです。

あんなに違和感あったのに・・・やはり慣れでしょうか。(´`;

シナリオの面白さというか、雰囲気はTH2よりTH1の方が個人的には好みですね。
主人公の性格によるところもあるでしょうが。


THばかりだと飽きるので時々気分を換えてパワポタ2をしていますが、同じバッターに3打席連続でホームランを打たれる屈辱を味わったり、逆に佐々美完全試合を達成したり、代打バースによる代打逆転サヨナラ2ランホームランが飛び出したり、こっちはこっちでなかなか楽しい出来事が起こっています。

パワポタ4が発売されてもなおパワポタ2。
当分まだ遊びそうですw


よぅし、次は葵ルートだ。

金髪頭セーラー服の女生徒、レミィを見ての、あかりの一言。


あかり 「レミィって目立つよね」



ピンク髪頭セーラー服のあかりのほうが目立っていると私は思いました。


ToHeartポータブルをプレイしていますが、途中でプレイ可能になるミニゲームにハマってしまって話が進みませんw
ようやく4月半ばまで来れましたけど。

TH2をプレイし終わった後にTH1をするとやっぱり古いなと思いますね。

あと感じるのが、やっぱり声優さんの声とキャラがあまり合っていないこと。
そしてセリフを言わされている感じがすること。

なんか微妙なんですよね~。どうしてだろう?

TH2ではそういうことはなかったので、なおさら目立ちます。

特にRoutesポータブルではキャラと声の合い具合、声優さんの演技力が神がかり的だったので、荒が目立ってしまうように感じるのは仕方がないとは思いますが・・・。

とはいえ、さすがに慣れてきていますがw

面白いことに変わりはないので、引き続き地道にプレイしていこうと思います。


TH2ポータブルWパックに同梱の初代THをちょっとだけプレイしてみました。

いや~、絵が古いですね、やっぱり。(´`;
TH2のグラフィックが綺麗だっただけに、背景もキャラの立ち絵も垢抜けていませんね。
味があるといえばありますが。

あと、声優さんの喋るスピードがTH2と比べて明らかに早いです。
私は文字を読むスピードが早めなのでゲームがサクサク進むのは嬉しいですが、若干、セリフを言っているというよりはセリフの朗読をしている感じがします。

読まされている感、というんでしょうか。

決して棒読みではなく、むしろメリハリが利いているのですが、メリハリが利きすぎているのかもしれませんね。
まぁ許容範囲内ですが。

とりあえず今はルーツポータブルをメインでプレイするつもりなので、THは少しずつ進めていくことにします。

この2日で一気に3人クリア出来ました。

何週もプレイしているうちに途中まで消化したシナリオがたまっていたことと、ヒロインによってシナリオの長さが異様に違うからこそ為せる技ですねw

これでクリアしたヒロインは7人

残すところあと3人(だと思う)なので、ここまで来たらルーツポータブルに移らずに一気にTH2をクリアしようと思います。

タマ姉もクリアしましたが、「タマ姉、たまんねぇ」と言われる意味がよく分かりました。


確かに。


色 ん な 意 味 で た ま ん ね ぇ w (´`;


どうたまんねぇのかは言いません。ネタバレになるのでw

さぁ、頑張って攻略するぞーぅ。(´ω`)

ToHeart2pとルーツpを交互にプレイしてしばらく経ちました。

TH2は、雄二END(バッドエンド)の後、ヒロイン4人を比較的順調にクリア。
ルーツは2人をクリアしました。
攻略したヒロインの名前を出すとネタバレっぽくなりそうなのでボカしておきますねw

同じ会社の作ったビジュアルノベルゲームですが、プレイを進めれば進めるほど両者の違いが鮮明になっています。

TH2は1日ごとに話が区切られるように進むので、そんなにテキストを読んでいる感じがしないですが、ルーツはひたすらテキストを読んでいる感じ

TH2はラブコメ的なノリなので基本的にノホホンとしていますが、ルーツはエージェント(スパイみたいなもの)の話なので、そういう意味でも両者は違います。


※以下、2週目以降についてのネタバレ少しあり

[TH2ポータブル、ルーツポータブル、進行状況]の続きを読む
予定通り、ToHeart2ポータブル最初の1周目は、めでたく雄二END(BAD END)を迎えました。
「雄二END」が音的に「You, The END」とも聞こえるのでかなり気分が悪いですw

その後、無事に花梨ルートをクリア。
とりあえず一人目をクリア(BADエンドも含めて)して思ったことですが、ゲーム中のロードは前々回の日記でも上げたルーツポータブルと同じで、ほとんど無いですね。

キャラの立ち絵が変わるときなどに、たま~に一瞬だけロードが入るときがありますが、1秒もかかるかどうかなので感覚的にロードのうちに入りません。

PSP-1000使用ですが、セーブ等のメニューを出すときもロード無しですぐに画面が出てきますし、とにかく快適そのものです。

16:9と4:3、2つの画面モードがありますが、その切り替えが「START」を押すだけで出来る(これももちろんロード無し)のも良いですね。

基本PSP画面一杯の16:9でプレイしていますが、この状態だと絵の上下が見切れています。
上下にスクロールさせて隠れてしまっている部分を見ることは出来ますが、CGやキャラの立ち絵によっては、見切れている部分も一目に収めたい。
そういうときが意外とあるので、ロード無しで切り替え一発というのは個人的にポイントが高いです。

ルーツポータブルでは、メニュー画面を出してから画面のサイズ切り替えを選択するなど少々手間がかかるので、この点についてはTH2の勝ち。
逆に既読スキップについてはルーツポータブルの勝ちですね。

正直、TH2についてはもうちょっとささっとスキップできれば快適なのですが。
ロードが気にならないと書きましたが、スキップするときは少しロードが気になります

といってもストレスが溜まるほど遅くは無いですけどね。
及第点のスキップスピード、という感じです。

という感じで、またネタが溜まったら感想を書いてみようと思います。

ToHeart2ポータブル、まだ少しだけですがこれもプレイしてみました。

ルーツポータブルと同様、OPムービーが綺麗です。
ただ、ムービーに登場しないヒロインが一部いたんですけど、どうしてなんでしょう。
普通、全員登場しますよね?
何か理由、あるいはネタがあるんだろうと思うので、それも楽しみにしながらゲームをすることにします。

主人公の名前ですが、もちろん変えずにデフォルトのまま。
代えると声優さんのボイスが聞けなくなりますからね。

プレイしてまず思ったのが、主人公の部屋が広いこと。

うわ。広っ。

私の部屋の何倍あるんでしょうか。(´`;

次に思ったのが、初代ToHeartと同じ音楽が何曲か使われているということ。
初代はプレイ済みなので、妙な懐かしさを覚えました。
いいですね、こういうの。

さて、ヒロインについてですが、このみの喋り方が意外と普通だったことに安心しましたw

溝らじでMC2人が以前に何度かしたこのみのモノマネを聴いている限りでは、かな~りクセのありそうな感じで心配だったのですが、これなら全く大丈夫。

やっぱりモノマネって特徴が強調されすぎるものなんですねw

あと、分かっていたことですが、女の子、多いですねw
ていうか男が少なすぎます。

男女比率は同じぐらい、偏ったとしても7:3ぐらいの偏りで留まっているのが私としては好みなんですが、そういうゲームではないのでそこは気にしちゃダメですよね。

これまたゆっくりじっくりプレイして行こうと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。